なんとか無難に生きていければいいという人は、
夢や志をもって挑戦し続ける人より、
結局、多くの不安や悩みをかかえることになる。

私(著者:池田弘)はこの本を通して、人生の目標づくりと、それを強く意識して実現に向ける生き方を強くお勧めしたいと考えています。
本に記載している内容は、私がこれまでの人生(プロフィールはこちら)で経験したこと、感じてきたことがベースになっています。
この本との出会いが、みなさんの人生をよりよい方向に変える大きなきっかけになりますように。

こんな方におススメ!!

  • これからチャレンジを目指す若者
  • 海外を目指す方
  • 起業を考えている方
  • 将来、大きなことを成し遂げたいと思っている方

Facebookでは、書評・読まれての感想共有などをして頂いています。是非「いいね」でご参加下さい。

内容紹介

不透明な時代に生きるいまの若者が、自分の中に基軸をもって自立し、社会や自分を肯定し、チャレンジを恐れず、
ポジティブに充実した人生を歩んでいくためには、どんな考え方や心構えが必要か?
サッカーJ1チームの会長、大手学校グループの総長、そして神主と、マルチに活躍する気鋭の実業家が、
そのキーワードを「志」に求め、自らの経験をもとに、わかりやすく説いた「チャレンジ人生のすすめ」。

第1章

「夢」の力

充実した人生を送るには、目標(夢)を持つことが大切です。皆さんは夢を持っていますか?この章では、夢の意味、どのような効果があるかを私の経験を通してご紹介します。どのように夢を見つけるのか、そんなヒントにもなればと思います。

第2章

「志」の力

夢を描いたことは、誰しも一度はあるのではないでしょうか?その描いた夢がなぜかいつのまにかしぼんでしまうことが多いようです。そのキーとなるのが「志」です。本章では、「夢」と「志」の違いを明らかにするとともに、志について深堀りをします。

第3章

夢や志の描き方

人生の目標になるような背骨のある夢を描くこと、志を立てることはたいへん大事なことです。しかし、実際にこれらのことに取り組もうにも、なにをすればいいのかわからないという人もいることでしょう。人生の目標をつくるための方法とは?

第4章

「大きな夢」「高い志」を描くのに必要なこと

大きな夢を描き、大きな志を立てるために最も大切なのは、自分の中に軸となる考えを持つことであると私は考えています。本章では自分の中に軸となる考えをつくるにはどうするかをご紹介します。

第5章

「かなえる力」を磨く

高い志を立て、大きな夢を描くことができたら、次はそれをいかに実現していくかが大事になります。大きな夢の実現への道は、自分で切り開いていかなければなりません。目標達成に必要なことはなんでしょうか。

最終章

みなさんへ

新しい挑戦を支援する動きが活発になったら、必ずや日本全体が元気になるでしょう。これはこの日本を多くの人たちが幸福を得られる場所にすることにつながるので、少しずつでも支援の輪を広げていければと考えています。

購入者からの声

株式会社wizpra代表取締役 今西 良光 様
「夢」と「志」の違いの話の中で、「志」は「背骨のある夢」であるという言葉が出てきたのですが、経営者として今後自分がどのように背骨を強くし、しっかりとした「志」に育て上げていくべきか、改めて深く考える機会になりました。本書に出てくる「チャレンジをしている最中に夢を喰うバク」に夢を喰われない様に、ブレずにチャレンジしていこう!という気合いが入る一冊でした。

株式会社ベル・フルール常務取締役 今野 友揮 様
「志」を持つことの大切さ。「夢」との違い。そしてその関係性。人生を充実させより良く生きる為のヒントがわかりやすく書かれています。新しい発見とともに、自分自身を見つめ直し、深く考える非常に良い機会となりました。前向きに、明日への活力を与えてくれるそんな素敵な一冊です。

クラウドキャスト株式会社広報/PR担当 湯本 むつみ 様
大きな「夢」や「志」をもつことは、同時に大きな不安や困難と闘うための勇気を人々に与えることができる。故郷の新潟で起業され、新潟の人たちへの夢や希望を届け育む事業で成功を収めた池田弘さんの著書「かなえる力」を読み、私もとても勇気つけられました。 今を生きる人に向けた温かく優しいメッセージがつまった一冊です。

早稲田大学1年生 坂巻 卓哉 様
私が本書で一番印象に残っているのは「夢を喰うバク」という表現です。私たちは少なからず周囲の人たちから影響を受けています。その影響は良いものとは限りません。私には妹がいますが、私の何気ない一言で妹の意欲を奪っていたかもしれないと反省しています。本書は自分の考え、行動を見直す良いきっかけになりました。

株式会社グローバルパワー代表取締役 竹内 幸一 様
かなえる力を養う為の具体的なアドバイスだけで構成されたこの池田氏の著書は、向上心の高い若者や、これから何かを成し遂げたいと思う方には必ず役に立つはず。帝王学、間違いない真実の教えを頂ける本。大推薦いたします。

株式会社チエノワ代表取締役 田中 雅也 様
アルビレックス新潟というプロサッカーチームの事例を通して、著者である池田氏の考え方、夢と志の大切さと、その具体的位置づけについて勉強になる一冊でした。私も起業して事業にチャレンジしていますが、志をさらに明確に意識して事業の成長、社会への役割を深く考えていきたいと考えました。

明海大学3年生 田中 啓介さん
「ぶれない人生を送るために、描く夢や立てる志は、できるだけ大きくしたい」という言葉にとてもひかれました。自分の将来を考えるとき、いつのまにか現実の延長線上にあるものを考えることが多く、思い切った決断ができないことが今までありました。これから就職など進路を決める際の大きな軸になるものを得たと思います。

Facebookでは、書評・読まれての感想共有などをして頂いています。是非コメントしてください。

著者紹介

池田 弘NSGグループ代表 アルビレックス新潟会長

現在代表を務めるNSGグループを創業、一代にして職員数4,400人を数える新潟有数のグループに育てる。
教育事業と医療福祉事業を中核事業とするNSGグループは、
商社、広告代理店、ホテル、給食、IT、検定、出版などの企業を傘下に持つ。
サッカーJ1のアルビレックス新潟の初代社長として、プロスポーツの経営に「地域密着型」のビジネスモデルを導入。
Jリーグ屈指の観客数を誇る人気チームに育て上げ、J1昇格と定着を果たした。
「地域密着型」のビジネスモデルは、バスケットボールや野球など様々なスポーツにも取り入れられ、
それらの分野で「アルビレックス」の名を冠したチームが生まれている。現在は、新たな事業創造による地域活性化を生涯の目標として、起業家育成の取り組みを進めている。
NSGグループ代表。新潟総合学園総長・理事長。アルビレックス新潟取締役会長。新潟経済同友会筆頭代表幹事。
日本ニュービジネス協議会連合会会長。日本ベンチャー学会副会長。

著者出版物

  • 私と起業家6人の挑戦 自分の道を探す若者たちへ (ウィネット出版)
  • 地方の逆襲『格差』に負けない人になれ (PHP研究所)
  • 神主さんがなぜプロサッカーチームの経営をするのか (東洋経済新報社)
  • 奇跡を起こす人になれ! (東洋経済新報社)

関連書

  • アルビレックス新潟の奇跡~白鳥スタジアムに舞う (小学館)