人材育成の指針・制度

NSGグループは、職員・社員の能力を引き出し育てる組織です

NSGグループは職員・社員の成長が、組織全体のひいては周辺地域・社会全体の成長発展につながるものと考えています。 また、人が輝く組織作りのため、職員・社員の夢・志向を把握しやりたいことがやれる仕組み、夢の実現を応援するしくみを制度として導入・推進しています。


●人材活性状況調査

毎年1回従業員が自己申告形式で実施。
現在の職場環境改善、組織全体への提言・提案だけでなく、個々人の異動配置の要望、勤務地の希望などを把握し、 組織運営・人事ローテーションに反映しています。仕事を通じて個人が成長していくための礎となる制度です。 やりたいことがやれるということが一人ひとりに元気を与えます。

●経営者能力開発支援制度

組織内において新しい事業の創出に、また組織を離れて自ら起業を目指す従業員を支援する目的で【事業創造大学院大学】 への通学制度を導入しています。自分のやりたいことでいきいきと人生を送りたいという夢をかなえ、 企業社会にダイナミズムを担い得る人財を育てる制度です。

●資格取得奨励制度

自己啓発として資格試験にチャレンジすることを奨励し、応援する制度です。 合格者の受験料は会社が負担、資格の難度に応じて報奨金も支給されます。スキルアップのために講座を受講する際の受講料補助も行っています。

●公募制度

グループ各社の部門長・施設長等の役職者や、グループ内で手掛ける新規事業の経営者等を募り、職員・社員が自由に応募できる制度です。 職員・社員のチャレンジを促進し、キャリアの可能性を拡げます。

起業・ゼネラリスト採用

2009年12月より、起業を志す方、グループのゼネラリストとして活躍を目指す方を積極的に採用しています。
過去9回実施した採用活動では、全国各地から多くの応募をいただき、40数名のゼネラリスト入社者、10数名の創業者・創業候補者が入社しました。グループの理念や考え方に共感いただき、多分野で活躍しています。起業希望者に対しては、社内・社外からアクセス可能な窓口を設けるとともに、事業化へのアドバイスや、グループ内の様々なリソースを活用してもらうなど、多方面から創業支援を行っています。

↑トップへ戻る