―「美味しい」を追求し、挑戦し続けたい― ホテルイタリア軒で腕を振るう若き料理人

2019.07.30 Tue
「にいがたのフランス料理コンクール」の優勝トロフィーと共に。

 

コンクールで念願の優勝!
失敗の経験も成長の糧に
入社後は、料理人としてのスキルアップを目指してコンクールに参加しています。学生時代に参加したコンクールで大失敗した苦い思い出があるのですが、先生から「社会人になっても、チャンスは沢山あるよ」と言ってもらえて。
その時の悔しさをバネに入社一年目から参加を続けています。コンクールは力試しにもなりますし、結果がついてくるようになると自信にも繋がります。他の地域で料理人として活躍している方や、同世代の方との出会いも刺激になりますね。仕事終わりに出品メニューを考えたり、練習をしたりと忙しさの中で逃げ出したくなることもありますが、終わってみると何故かもう次の目標のことを考えていて。負けず嫌いなところもあり、コンクールのような舞台が性に合うんだと思います(笑)

そして、昨年10月に開催された「にいがたのフランス料理コンクール」では、優勝を飾ることができました。3度目の挑戦で気合いを入れていたので、結果を聞いたときはホッとしました。
今年の9月には同大会の関東地区のコンクールにも出場予定なので、そこでも結果を残せるように頑張りたいと思います!

「にいがたのフランス料理コンクール」での出品メニュー。メイン、デザート共に与えられた課題は「新潟食材を生かした一皿」。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア