―「美味しい」を追求し、挑戦し続けたい― ホテルイタリア軒で腕を振るう若き料理人

2019.07.30 Tue

これからも日々勉強! 仕事の幅を広げ、
食で地域活性化に貢献したい
8月末までマルコポーロで開催中の「真夏のカレーフェア」では「雑穀フムスのヘルシーカレー」を考案しました。一から考えた料理がお客様に提供されるのは今回が初めてです。「フムス」はあまり耳馴染がないと思いますが、ひよこ豆を使った中東料理で栄養価が高いのに低カロリー。そんなフムスをアレンジした、ちょっとユニークなカレーです。動物性たんぱく質を使用していないので、コクを出すために味噌を入れたり、スパイスで深みを出したりと工夫の詰まった一皿になりました。是非、お試しいただけたら嬉しいです!
今回のカレーもそうですが「美味しい」の追求にゴールはないと思っています。料理の可能性は無限大だと思うのでこれからも日々勉強ですね。また、自分自身も楽しみながら愛情をかけて作った料理はお客様にもきっと伝わると思うので、気持ちも大切にしていきたいです。

話は変わりますが、半年ほど前にスペインへ研修に行った際に「地産地消」の文化がとても浸透しているなと実感しました。新潟も米、野菜、魚、肉をはじめ、食材の宝庫だと思います。私もこの新潟に生まれ育った料理人として、農家さん、生産者の方々と共に「地産地消」で新潟をアピールし、盛り上げていきたいです。
そのために今は新しいことにチャレンジし続け、仕事の幅を一回り、二回りと広げていきたいと思います。

9月からは「リストランテ マルコポーロ」に所属する若手料理人4名による新たなフェアも開催予定です。
一人でも多くの「美味しい」の声に出会えるよう、池田さんの挑戦は続きます。

 

 

 

池田将人(いけだ・まさと)
1994年、十日町市生まれ。幼少期より料理に関心を示し、高校時代に料理人になることを決意。高校卒業後は調理師専門学校に進学。在学中、ホテルイタリア軒内レストランでキッチンスタッフのアルバイトをして過ごす。その経験も見込まれ、卒業後はホテルイタリア軒へ就職。働きながらも数々のコンクールに出場し、2018年10月に開催された「にいがたのフランス料理コンクール」では優勝に輝いた。現在は、「リストランテ マルコポーロ」のシェフとして活躍し、8月末まで開催中の「真夏のカレーフェア」では、メニュー開発にも携わっている。

ホテルイタリア軒
http://www.italiaken.com/
新潟県新潟市中央区西堀通7番町1574番地
TEL 025-224-5111

リストランテ マルコポーロ
http://restaurant.italiaken.com/marcopolo/index.html
【真夏のカレーフェア】
期間/7月1日(月)~8月31日(土)まで
時間/11:30~14:30
住所/新潟県新潟市中央区西堀通7番町1574 ホテルイタリア軒 1F

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア