「アニメ・マンガを堪能するなら新潟へ」 新潟でコミケ文化を築いた株式会社ガタケット

2019.04.4 Thu

人気企画展、個性派イベントで
全国に見せる存在感
同社は、㈻国際総合学園と愛宕商事㈱と共に「新潟市マンガ・アニメ情報館」「新潟市マンガの家」の管理・運営も行っており、この2施設で開催されるイベントや企画展は、主に坂田さんがディレクションを行っています。

「当初、企画展の誘致には大変苦戦しました。東京、大阪にはじまる大都市で開催されている人気企画を呼び込もうとしても『地方開催はちょっとね…前例がないから』と取り合ってもらえませんでした。でも、やれば絶対に成功するという自信があって(笑)やっとの思いでとある企画展を呼んだら、目標を上回る来場者数でヒット。そこから一転して、プロモーターさんの目の色が変わったんです。地方都市に秘められた可能性を見せつけましたね(笑)」と坂田さん。

そして、全国的にも注目を集めたのが2016年の「おそ松さんショップ」新潟スタート開催です。

大ヒットアニメのイベントということもあり、連日多くのファンが来場。

「SNS上でも『なぜスタート地が新潟?』と話題になっていて、その困惑の声が私にとってはちょっとだけ心地良かったりしました(笑) 赤塚先生と新潟のご縁もありスタート地として開催できたおかげで、多くのファンの方にお越しいただき楽しんでもらうことができました」と坂田さん。

また、同社は「ガタケット」以外にコスプレイベントも展開。
昨年11月にホテルイタリア軒を舞台に初開催した「コスプレガタケットinイタリア軒」は話題を呼びました。

「コスプレガタケットinホテルイタリア軒」第一回目の様子。全国各地からコスプレイヤーたちが集結。

 

「リゾートホテルでの撮影会などはありますが、老舗ホテルをロケ地としたコスプレイベントは全国的にも稀で、参加者の皆さんにも喜んでもらえました」と坂田さん。
このイベントは、大好評につき2019年4月14日(日)に第二弾を開催予定です。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら