人(社会)の役に立つことこそ人の究極の目的。NSGマインドに魅せられて新潟にIターン。目指すは「新潟発、世界NO.1サービス」

大学卒業後、大手企業や中堅企業など、IT 畑一筋で仕事に打ち込んできた秋田叔之さん。
2014 年、縁あって NSG グループの「ジェイ・エス・エス」の社長に就任。学生証アプリを
はじめ、次々と新たなアプリやシステムを開発するのみならず、積極的な営業プロモーショ
ンで成果を上げている秋田社長に、仕事について、また、新潟について、伺いました。

 

I ターンにあたっては、池田代表の理念に啓発されたそうですね。

「人々の幸福と豊かさを実現するために 社会のニーズに合った事業の可能性を追求し 地域社会・国家・国際社会の発展に寄与する」。この NSG グループの理念があるからこそ、チャンスをいただけたと思っているんです。大企業の管理職には生まれないマインドというか…そういうマインドを持ち合わせた人たちがどんどん入ってきてくれれば、もっと盛り上がると思うし、この理念の通り、NSG グループが進んでいくといいなぁと思 っています。
「人間は人の役に立つことを達成するために生きている」とも言われます。グループの理念に通じるものを感じます。

 

初めて新潟に来たのは学生時代ですね。その頃の新潟の印象は?

人が少ないなぁ、と(笑)。でも、初めての一人暮らし、初めてのアルバイト、いろんなことがとにかく新鮮で、楽しかったですね。自宅から車で 5 分 10 分走れば海。四ツ郷屋(西蒲区)の浜でウインドサーフィンしたり、冬はスキーをしたり。時給 1,500 円以下のアルバイトはやらない、と決めて、塾の講師や家庭教師をしていたので、けっこう稼いでいたんです。だから、社会人になって初めての給料をもらったときには「なんじゃこりゃ!?」と(笑)。

 

転勤で首都圏をはじめさまざまな土地での暮らしを経て、再び新潟へ。新潟の印象は変わりましたか?

新潟の人は地元愛が強いと思いました。みんな、新潟が大好きですよね。例えば、スーパーなどで「県内産」と表示されると、とたんに売れるんだそうです。地元に対するロイヤリティーが高い。今まで暮らした神戸や埼玉では、もちろん、地元も好きだけど、大阪も京都も東京もいいよね、って感じ。でも、新潟の人は「新潟じゃなきゃダメ」っていう感じですかね。

新潟は地方経済圏としてはそこそこの規模があるんです。他県に比べて大きい方ではないでしょうか。だから、枝豆でもナスでもスイカでも何でも自分たちの県内で消費してしまう。PR下手とも言われますが、地域経済だけで食べていける、っていう側面もあって、内向的になってしまった面もあるかもしれませんね。でも、これからはどんどん外に向かって行かないと。

シェア