会社の仕組みが背中を押してくれた!「モンテッソーリ教育×英語スクール」新規事業の立ち上げに挑戦

2017.07.4 Tue

楽しく学びながら子供の自立を促すオールイングリッシュのプリスクールを立ち上げた星野順也さん。
ソーシャルワーカーとして高齢者介護の現場に立っていた星野さんは、今、幼児教育に打ち込んでいます。
その転身の軌跡とは―?

まずは4月にオープンした「フィオーレ・モンテッソーリ・インターナショナル」について、教えてください。

モンテッソーリ教育というのは、20世紀初めにイタリアの女医マリア・モンテッソーリが提唱した教育法です。発達段階に応じて、子供たちが自ら考え行動する力を育て、責任感のある自信にあふれた健全な人格を形成することを目的にしています。

モンテッソーリ教育を行う施設はほかにもありますが、私たちはオールイングリッシュ。子どもの自立性や責任感に加えて、英語力も身に着けることができるプリスクールとなっています。英語でモンテッソーリ教育を提唱する幼児教育施設というのは、全国的に見ても大変めずらしい存在なんです。

 

具体的にはどんなことをしているのでしょうか。

例えば、おやつに果物などを食べる場合、子供たちは自分でナイフを使って果物を切ったりしています。もちろん、先生の指導や監督の下で行うわけですが、実際の生活の中で生きる技術を学んでもらっているんです。
また、私たちのスクールは商店街にあるのですが、子どもたちと先生で買い物に出かけることもあります。「ごっこ遊び」ではなく、お店の人とやりとりしながら、実際に現金で買い物をします。
教室内で話すのは基本的にすべて英語。ロンドンで学んだニュージーランド出身のニール・マクレーン先生をはじめ、英語経験のある保育士さんたちが、ほぼマンツーマンで対応しています。
さまざまな生活体験を通して、楽しみながら英語に親しんでいくやり方をとっています。

 

シェア