新潟には日本海側で首都機能を持てるポテンシャルがある。豊かなレジデンシャルエリアとしてもまだまだ可能性大!

転勤で訪れたのがきっかけで、すっかり新潟が気に入り、移住を決めたという糸満盛人さん。NSGグループで広告代理店の株式会社アイ・シー・オー(ICO)を率いる糸満社長が語る新潟の魅力と、これからの可能性とは?
愛犬が駆け回れる庭付き一戸建てを構えるために新潟に移住したらしいというウワサも耳にしましたが、はたしてその真相は!?

「新潟に転勤すると二度泣く」って
世間では言うんですよ

新潟は人がオープンでおおらか。食べ物はうまい。海あり山ありで自然も豊か。一度住んだら離れがたくなります。実は金沢にも1年ほど単身赴任をしまして、金沢も素晴らしいところでしたが、新潟のように「移住を決意をする」という感じにはなりませんでした。今も好きで時々訪れることはあるのですが、金沢の魅力は、また違った魅力といいますかね…。
一方、新潟は、実際に来るまでノーイメージでした。これといった特徴が思い浮かばない。あえて言うなら、雪に閉ざされている暗い場所というか…。妻が佐渡出身なので、何度も新潟には来ていたのですが、通り過ぎるだけで、ちゃんと街を見たことがなかった。だから、来てみて、住んでみて、「こんないいところ!?」と驚きました。人がいい、食べ物がいい、自然がいい…こう感じるのは私だけではないと思います。新潟への転勤歴がある大学時代の友人も、新潟を絶賛していましたからね。なので、「新潟に転勤すると二度泣く」という言葉があるわけです。一度目は新潟に転勤が決まってがっかりして泣く。二度目は、次の転勤が決まったときに、新潟を去るのがつらくて泣く。その通りだと思います。

愛犬たちはいずれもイタリアングレイハウンド。スタイルが良く、セレブな雰囲気。「犬は永遠の一歳児。私の顔を見て、すごく喜ぶ。感情表現が素直。癒されますね」。

 

“犬のために移住”ではないですが
当たらずとも遠からずかも(笑)

以前から小型犬3匹を飼っていまして、思う存分犬たちを遊ばせてやれる庭付きの一戸建ては、夢でもあったのです。でも、首都圏で庭付き一戸建てを建てるとなると、億単位のお金はかかってくる。まあ、無理だろうとあきらめていたのですが、首都圏に比べて土地が安い新潟で、夢ががぜん現実味を帯びてきたわけです。
一方、私自身はそれまで重ねてきた仕事や出会いを通じて、地方創生の仕事をやりたいと思うようになっていました。地方創生の仕事に携わるなら新潟は最適だ、という思いもありました。新しい仕事をやるなら、それまで勤めていた(株)リクルートは辞めよう、とも以前から決めていました。そして、NSGグループとの出会いがあり、さまざまな理由が重なって、移住の意志が固まったわけです。決して犬たちのため、というだけではないのですが…(笑)。
でも、新潟は本当に居心地が良くて、新潟在住1~2年くらいで、横浜のマンションは売り払ってしまいました。その後、ここで生きていくぞ、っていうIターンの意志がしっかり固まり、家を建て、転職をし、犬と妻を呼び、今に至るというわけです。

忙しい中でも、毎朝の犬の散歩は欠かさないという糸満社長。「毎朝、この子たちに起こされます。夏は特に早く起こされちゃう(笑)」。

NSGグループの事業と理念が
そのまま自分の志に直結

地方創生に携わりたい、新潟のすばらしさをもっと広くアピールして人財を集めたい、一時的な観光のインバウンドではなく、新潟県民として定住してもらえるインバウンドを手掛けたい…そう考えていた私は、転職先を探す中で、NSGグループに出会いました。NSGグループがやっていることは、まさに地方創生に直結していますよね。地方に優秀な人材を集めるには、魅力ある仕事を創り上げることが必要です。仕事が生まれて給与が生じることは、新潟県全体の経済の発展にもつながります。ICOもグループの一員として、雇用を拡大し、より魅力的な会社にしていきたいと思っています。それが、グループの発展に寄与すると思いますし、ひいては新潟の発展にもつながるのではないでしょうか。

社長には将来を見据えた
事業構想力が必要です

大企業の管理職として、事業長とか支社長などを務めていたときは、乱暴に言えば目の前の業績を見ていればよかった。月次とか四半期とか、せいぜい1~2年先くらいまでの計画で動いていました。社長の仕事とは何かと問われて考えるに、将来的な事業構想力と社員を魅了する力ではないかと思います。直近ではなくせめて3年後、5年後にこうあるべき、というビジョンを示し、社員に「ああそうか、がんばるぞ」と共感してもらえるかどうかで、社長の力量が問われるのではないでしょうか。
ICOはNSGグループのハウスエージェンシーでもありますが、グループ内での仕事だけでなく、もっともっと外部の仕事も増やしていかなければなりません。グループ内でもグループ外でも広く貢献できるように成長し、いずれは県内トップクラスの広告代理店になりたいと考えています。しかし、まだやれることがたくさんあるのにやりきれていない。手が付けられていない。人財がまだ不足している。そんな問題を解決しながら組織を創り上げていきたいですね。

 

住む場所としての新潟の魅力を
広くアピールしていきたい

人、食、自然に恵まれた新潟暮らしが豊かなものだということは何度も言ってきましたが、加えて、新潟というのは交通アクセスが非常にいいんです。新幹線、高速道路、空港、港、すべてそろっています。首都圏からも2時間圏内、つまり、時間的には通勤圏内です。さらに交通インフラが発達して、リニアモーターカーなどができたら、新潟に住んで東京で働く、というパターンが珍しくなくなることでしょう。まあ、今はIT技術の進歩で、在宅勤務の可能性も広がってきています。こちらの方が今現在は現実的かもしれませんね。レジデンシャルな土地としてのポテンシャルを訴求していくことで、ダイナミズムを出せるかもしれないとは思っているんです。
ただ、新潟人はリスクを取りたがらない傾向が強いと思います。新潟県は面積も全国5位と、土地が広いだけでなく平野が広いので、そこそこ人口があり、食料自給率も高い。県内だけで仕事を回していてもそこそこやっていける、という土地柄なんです。枝豆やナスも、作付面積はトップクラスなのに、ほとんど県内で消費していたため、県外での認知度は高くありませんでした。しかし、成長しようとするとき、県内だけで仕事を回していたら、同じパイを取り合うだけになってしまいます。だから、リスクをとって経営を拡大していくことが大切だと思います。意識を変えていくということも必要かもしれません。そのためには、新潟ではない外の世界を知っている経営者を積極的に呼び入れること、Uターン、Iターン人財の発掘などが必要だと思います。新潟の大きな可能性に向かって、私も頑張ります。

 

〈プロフィール〉
糸滿盛人(いとみつ・もりと)
1964年神奈川県藤沢市生まれ。慶應義塾大学商学部卒。1989年(株)リクルート入社。2000年に新潟支社へ転勤。新潟・長岡・金沢の3拠点を兼務し、金沢に1年間単身赴任したことも。2014年ICO入社。経営戦略室を経て2015年代表取締役社長に就任。

シェア