新潟にIターンした理由は、まち・ひと・しごとに関わる仕事ができると確信したから

2019.06.24 Mon

できないことをできるようになってチャレンジの幅を広げたい 

今年度から希望して、NSGグループが運営する事業創造大学院大学にこの春入学しました。
ビジネスプランニングやマーケティングなど、これまで学ぶ機会がなかったことを今からでも学べるという環境は非常にありがたいと思います。
自分のできることを増やすことで、関わることのできる仕事の幅がさらに広がっていくと思いますし、そこにチャレンジしていく土台になると考えています。
まち・ひと・しごと」を通して地方創生に携わっていく。NSGであれば、やれることがいっぱいありますから。これからもアクションを起こし続けていきたいと思っています。

阿部 直樹(あべ・なおき)

福島県福島市出身。地元福島でスポーツトレーナーや幼児向けのスポーツ教室、福島の子供向け遊戯施設の設立に関わるなどした後にNSGグループに入社。入社を機に新潟に移住し、現在は新潟ビジネス専門学校(NBC)と新潟会計ビジネス専門学校(NABI)の事務局にて入学アドバイザーとして働いている。

<阿部さんのプライベートは?>
新潟にIターンしてきてから、休日は県内の神社巡りをしているそう。阿部さん曰く、神社もまたその時代時代で「まち」を作ってきた第一人者だったりするのでシンパシーを感じます(笑)とのこと。