新潟の農業活性化に役立つ仕事を ― その考えに共鳴して転職、自らの使命と受け止めて挑戦する日々

2018.01.22 Mon

農業県としての新潟の将来を考えるなら、米だけに頼っていてはだめ、農家や農業のためにできることはないか ― という池田代表の考えに強く共鳴したという田中一幸さん。製薬会社で洋ランを中心とした育苗に従事していた田中さんは、3年ほど前にNSGグループに転職し、新潟農業・バイオ専門学校で勤務しながら、 “新潟の農業のためになることとは何か”をずっと考え続けてきました。そして立ち上げたのが株式会社ベジアビオ。新潟県内初となるユニット型植物工場による苗生産と環境制御型施設園芸事業事業に取り組んでいる田中さんにお話を聞きました。

新潟は米だけじゃない
全国有数の野菜産地が発展するには…?

 

学生時代はバイオ研究を学び、その知識や技術を生かして、前職では洋ランの育苗を手掛けていたという田中さん。「洋ラン愛好家には希少種が珍重されるのですが、希少種というのはなかなか増やすことができないのです。そこで、クローン苗を作り、繁殖させていきます」。
バブル時代には洋ラン愛好家も増え、希少種の開発も盛んだったそうですが、趣味の世界には流行り廃りが付き物。一部愛好家の好みや時代の流行に左右される植物の世界から視線を移すと、そこに、ふるさと新潟が抱える農業の課題がありました。
「新潟は米王国ではあるが、今後の農業の活性化を考えたら、米だけではダメだ、何かほかにふるさとの農業に役立つことはできないのか? という池田代表の考え方に強く惹かれたのです」。
そこで、田中さんは50代半ばで転職を決意、NSGグループで、“新潟の農業に役立つことは何か”を探り始めます。
「新潟は、実は野菜や果物でも全国有数の産地なのです。ナスは作付面積では全国1位。ほかにも作付面積や生産量などで全国10指に入る作物は少なくありません。ところが、その元となる苗の生産に関しては、他県に頼っているのが現状です」。
丈夫で元気な苗は良質の実を育みます。遠く他県から長旅をしてくる苗より、地場の苗の方が生きがいいのは道理。しかし、費用対効果の面から、手間暇のかかる育苗で利益を上げていくのは難しいのだそうで、新潟では、安い苗を育てるより、実を育てた方が収入の安定が見込めることから、地場産の苗はごくごくわずかになっています。
「天候に左右されずに地元で育った良質の苗を安心して使えるようになれば、新潟の農家さんや農業の役に立てるのではないか……」。かつて、バイオ技術を生かして育苗に取り組んできた田中さん、ユニット型食部t工場を導入し、難しいと言われる苗の生産に取り組むことを決意しました。

閉鎖空間の中で温度、光、炭酸ガス、養液などを24時間自動的に制御。苗にとって最適な環境を常に作り続けられるため、病害虫や自然環境に左右されず、質の高い苗を安定生産することが可能に。
ハウスの中もICT管理され、冬場でも高品質なトマトが生産されています。

 

ICTを駆使して新たな農業にチャレンジ
環境制御型施設園芸とは

事業の方向を定めた田中さんは、2016年に株式会社ベジ・アビオを立ち上げ、2017年には苗生産のためのユニット型植物工場と高糖度トマト生産のための環境制御型温室を開設しました。
生産施設ではICTを活用して、温度や湿度、日射量、炭酸ガス濃度、土壌の水分量や温度など、全てのデータをクラウド上に蓄積し、生育・品質に重要な栽培環境を数値で確認できるようになっています。農業を“見える化”することで、安全でより高付加価値な作物の育成や、収量の安定化を図っているのです。

ベジ・アビオで作っているトマトはフルティカ種という品種で、滑らかで弾力のある果肉に加え、何より糖度の高さが特徴です。この高糖度トマトの味を、水と養分の管理でぎゅっと凝縮。甘みだけでなく、酸味、うま味、栄養価が濃縮されたトマトが出来上がりました。名付けて「とマとマとマと」。トマトとトマトの間に入った「ま」の字は、「まじめ」の「ま」。「真面目にしっかり作っているトマトです、という私たちの姿勢や思いを込めました(笑)」。
何度も開いた試食会では、おいしいという声をもらい、人気イタリアンレストランのシェフからもお墨付きをもらいました。今年の1月からは新潟県内のイオン全店で販売がスタートしています。

色づきと糖度、うま味などを調査。出荷前には、人の目と手で、色、形、大きさ、キズなどをチェックして選り分けます。

シェア