高校スポーツ界に新興勢力! 開校7年目・開志国際高校 強さの理由は「生徒一人ひとりの覚悟と、夢を支えるサポート環境」

2020.03.7 Sat


強さの源は生徒の持つ「覚悟」 
一人ひとりの夢の実現を支えたい
一年間の功績が認められ、男女共に「新潟県高等学校スポーツ年間最優秀校」に選ばれ、2月27日(木)授与式が行われました。
「男女W受賞は2度目となります。今は、胎内市に体育館や陸上競技場をお貸しいただくなど、地域の皆様に支援していただきながらよりよい環境づくりを行っているところです。今回いただいた賞も私たちだけのものではないですが、一つ言えるのはやはり生徒たちが入学時から抱いている“覚悟”の強さというのは、当校の強さの源であることは間違いないです。
部活動は現在12種目ありますが、それぞれの部活が互いに刺激し合いながら、夢や目標に向かっている姿が印象的です。我々、職員はその生徒たちの夢の実現に向けて、設備やカリキュラムの充実を図っています」と志田さん。「アスリートコース」には海外での活躍を視野に入れ、語学力・技術力の向上の両立を目指した「国際アスリートコース」も用意。生徒の夢に寄り添う環境づくりが、学校の発展にも繋がっています。

「そしてどのコースにも言えることですが、当校で学ぶ生徒たちには人間力も伸ばしてほしいと思っています。当たり前のことをしっかりとできる“凡事徹底”の精神を、3年間の経験を通して養ってほしいですね」と津野先生。

生徒の覚悟の強さ、それを支える環境づくり、そして人間力の育成。
令和の時代に世界へと羽ばたくアスリートを送り出すべく、開志国際高校はさらなる進化を続けます。

 


開志国際高等学校

https://kaishi-kokusai.ed.jp/
〒959-2637 新潟県胎内市長橋上439-1
TEL : 0254-44-3330 FAX : 0254-44-6663
文武両道、心技体の教育で、バランスのとれた明日のトップアスリートを育てる「アスリートコース」、充実した学習カリキュラムと高度な医師倫理教育で目指す医学科への進学を可能にする「医学科進学コース」、全授業の3 分の1 を占める徹底した英語授業と豊かな国際環境で国際人としての素養を育てる「国際コース」があり、男子寮・女子寮を完備。部活動はバスケットボール、ゴルフ、柔道、陸上、卓球、スノーボード、アメリカンフットボール、ラグビー、サッカー、テニス、バトミントン、スケートボードの12種目。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア