みりょくスポーツ・まつりNew Business,New Happiness

地域とともにまちの魅力を創造

住んでみたいと思うまちにするには、まちに魅力があり、暮らす人々が豊かさや幸福を感じられることが必要です。スポーツや祭りは、世代を超えて夢や感動、一体感や連帯感、活気をもたらしてくれます。NSGグループでは、スポーツや祭りを通じてまちの魅力づくりに取り組んでいます。

スポーツを通じて地域を活性化

かつてサッカー不毛の地と言われた新潟に1996年、アルビレックス新潟が誕生しました。サッカーに始まったアルビレックスは、バスケットボール、野球、チアリーディング、スキー・スノーボード、陸上競技、レーシングチームと多岐にわたっています。

多種多様なスポーツ

サッカー

アルビレックス新潟

スタジアムをオレンジに染めるたくさんのサポーターと共に戦う姿は「新潟の奇跡」と呼ばれる。リーグでも屈指の熱い声援を受け、J1リーグ再昇格を目指す。

アルビレックス新潟レディース

2006年「なでしこリーグディビジョン1」に昇格。女子サッカーの普及と発展を理念に、歩みを進めている。

アルビレックス新潟・S

2004年からシンガポールのプロサッカーリーグ「S-league」に参加。2017年にもリーグカップ戦含むシンガポールリーグ4冠を2年連続で達成。

アルビレックス新潟バルセロナ

2013年スペイン・バルセロナに誕生。選手はプロとしての夢を追うと共に、語学力を磨き、国際人としてのキャリアを積む。

バスケットボール

新潟アルビレックスBB

日本初のプロチームとして2000年に誕生。2016年からバスケットボールリーグBリーグ1部B1に参戦。


アルビレックス新潟BBラビッツ

2011年に発足。地域密着型のビジネスモデルを初めて導入し、Wリーグに参戦。


福島ファイヤーボンズ

島県初のプロバスケットボールチームとして、2013年に結成。現在はBリーグ2部B2に参戦し、B1昇格を狙う。

野球

新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ

2007年にスタートしたプロ野球独立リーグ「BCリーグ」で、野球事業を通じた地域活性化・地域貢献を理念に掲げ活動。

陸上

新潟アルビレックスランニングクラブ

世界で活躍するトップアスリートの育成と共に、小学生から一般人までクラブ員として活動している。

スキー・スノーボード

チームアルビレックス新潟

2004年に結成されたアスリート集団。オリンピックやFISワールドカップへの出場、上位入賞を目指す。

チアリーディング

アルビレックスチアリーダーズ

2001年に発足の日本初のプロフェッショナルチアリーディングチーム。アルビレックスの試合に花を添える。

レーシング

アルビレックスレーシングチーム

2010年にスタート。2016年よりF1への登竜門になる全日本F3選手権に参戦し、表彰台に上るなど活躍を見せている。

祭りを通じて地域を活性化

地域に根差し、老若男女関係なく参加する祭りでは新しい交流が生まれ、参加した人々の間に一体感がはぐくまれます。そして、人々の熱気がまちの活性化へと繋がっていきます。NSGグループでは、これからも祭りなど地域の文化活動をサポートしてまいります。

【明和義人祭】
商店街とともに地域の歴史を顕彰

町人自治を打ち立てた2人の義人を顕彰する古町の祭り。晩夏の風物詩に。

【発酵・大醸し祭り】
地域連携を深める発酵食品の祭典

老舗のイベントが「発酵の町」沼垂地区の魅力を発信する祭りに発展。

【にいがた総おどり】
日本最大級のダンスフェスに

3日間で約250団体1万5000人が新潟市内各所で思い思いに熱い踊りを披露。

「第2回日本サービス大賞 地方創生大臣賞」受賞

NSGグループが応援するアルビレックスグループは、 2018年、「第2回日本サービス大賞 地方創生大臣賞(※)」を受賞しました。

この賞は「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」を表彰対象とし、「受け手の期待に対する達成度」「サービスをつくりとどけるしくみ」 「サービス産業の発展への寄与」を審査基準としています。アルビレックスグループは「新潟県内を中心とした地域密着型のスポーツクラブで、日本で唯一、 7種目のスポーツでジュニアからトップチームまでを整備し、世界レベルの選手を輩出するなど新潟のブランディングにも貢献。“アルビレックス" とブランドを統一しながらも競技特性に応じて独立採算制で運営、スポーツを『する』『観る』だけでなく『支える』『繋がる』というニーズにも応えることで、 企業スポーツではない地域密着型の運営を実現し、スポーツ文化の醸成と地方創生に貢献しているサービスである」と評価されました。

※主催:公益財団法人日本生産性本部、サービス産業生産性協議会
後援:総務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省

シェア

この取り組みの関連記事はこちら