まちスポーツ・文化New Business,New Happiness

スポーツや祭りを通じてまちの魅力を創造

住んでみたいと思うまちには、暮らす人々が豊かさや幸福感を感じられることが必要です。スポーツや文化の充実を図ることはそれに大変効果的です。
地域のスポーツチームや祭りは、家庭や職場、友人同士など地域に明るい話題を提供すると共に世代を超えた交流を生み出し、「地域愛」「郷土愛」を醸成し、地域を活気づけてくれます。また、国内トップレベルのプロスポーツの試合や国際舞台で活躍する選手が身近な存在となり、子どもや若者が夢を持つことができるようになります。
NSGグループでは、スポーツや祭りへのサポートを通じて、まちの魅力づくりに取り組んでいます。

スポーツを通じて地域を活性化

かつてサッカー不毛の地と言われた新潟にアルビレックス新潟が1996年に誕生しました。NSGグループ代表の池田は初代代表取締役社長を務め、人気チームに育て上げました。
アルビレックス新潟は、人々がチームの勝敗に一喜一憂できる存在となり、家族や職場、友人知人、地域の人々の間で世代を超えた共通の話題となりました。サッカーに始まったアルビレックスは、バスケットボール、野球、チアリーディング、スキー・スノーボード、陸上競技、レーシングチームと多岐にわたっています。いずれも「地域密着型」のビジネスモデルによる地域全体が支えるスポーツチームです。
NSGグループはそれら「アルビレックス」をサポートすることを通じて、地域の活性化に取り組んでまいります。

サッカー

アルビレックス新潟
2003年J1リーグに昇格。スタジアムをオレンジ色に染めるたくさんのサポーターと共に闘う姿は「新潟の奇跡」と呼ばれる。
アルビレックス新潟レディース
2006年「なでしこリーグディビジョン1」に昇格。女子サッカーの普及と発展を理念に、歩みを進めている。
アルビレックス新潟・S
2004年からシンガポールのプロサッカーリーグ「S-league」に参加。2016年にはリーグカップ戦含むシンガポールリーグ史上初の4冠達成。
アルビレックス新潟バルセロナ
2013年スペイン・バルセロナに誕生。選手はプロとしての夢を追うと共に、語学力を磨き、国際人としてのキャリアを積む。

バスケットボール

新潟アルビレックスBB
日本初のプロチームとして2000年に誕生。2016年からバスケットボールリーグBリーグ1部B1に参戦。
アルビレックス新潟BBラビッツ
2011年に発足。地域密着型のビジネスモデルを初めて導入し、Wリーグに参戦。
福島ファイヤーボンズ
福島県初のプロバスケットボールチームとして、2013年に結成。現在はBリーグ2部B2に参戦し、B1昇格を狙う。

野球

新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ
2007年にスタートしたプロ野球独立リーグ「BCリーグ」で、野球事業を通じた地域活性化・地域貢献を理念に掲げ活動。

陸上

新潟アルビレックスランニングクラブ
世界で活躍するトップアスリートの育成と共に、小学生から一般人までクラブ員として活動している。

スキー・スノーボード

チームアルビレックス新潟
2004年に結成されたアスリート集団。オリンピックやFISワールドカップへの出場、上位入賞を目指す。

チアリーディング

アルビレックスチアリーダーズ
2001年に発足の日本初のプロフェッショナルチアリーディングチーム。アルビレックスの試合に花を添える。

レーシング

アルビレックスレーシングチーム
2010年にスタート。2016年よりF1への登竜門になる全日本F3選手権に参戦し、表彰台に上るなど活躍を見せている。

祭りを通じて地域を活性化

明和義人祭

NSGグループの本部がある新潟市の上古町では、晩夏の8月24日に、江戸の義人を慰霊しその精神を今に伝えようという祭りが行われます。
2008年に始まったその祭り「明和義人祭」とは、今をさかのぼること240年、歴史上の出来事「明和騒動」にちなんだお祭りです。
その出来事とは、藩が新潟湊に課した重税に苦しむ町人が自ら立ち上がり藩に代わり町政を行った、自主・自立の精神に満ちたものでした。この時中心メンバーの涌井藤四郎と岩船屋佐次兵衛は、打ち首になります。この二人の活躍は、「明和義人」として古町芸妓の口伝により密かに伝えられてきました。
フランス革命の20年前という時期に起きたこの出来事の精神を見つめ直し、「明和義人」を慰霊・顕彰しようと始まったのが「明和義人祭」です。

にいがた総おどり

約300年の昔、新潟に四日四晩踊り明かす祭りがありました。貧困と災害が襲う過酷な地に住む庶民が五穀豊穣と無病息災を願い、踊り明かしたと言われています。
にいがた総おどり祭は2002年に新潟商工会議所と数名の若者たちの声から立ち上がり、現在では3日間を通じ、新潟市内全10箇所に集う踊り子は新潟県全市町村と全国16都道府県から250チーム、1万5000人、20万人も動員するまでの規模を誇ります。一地方都市ではじまった祭りが、オールジャンルの踊りが集う日本最大級のダンスイベントとして世界ともつながる場となりました。オールジャンルの踊りの祭りであり、ジャズも民謡もアフリカンダンスも、あらゆる踊りが目の前で次々と披露され、そのどれもが最高にエネルギッシュで最高にピースフルな光景です。