あんしん医療・介護・福祉・保育New Business,New Happiness

すこやかに暮らせる社会を支える

NSGグループは、安心安全で、健康に暮らすことのできる豊かで幸福な社会の創造に取り組んでいます。人々が日常的に幸福感を感じる上で、健康や老後の生活に対する安心感は重要な要素です。それを支える役割を果たす医療・介護・福祉・保育分野において、幅広く充実したサービスを提供することで、地域の人々の生活の質の向上に貢献したいと考えています。NSGグループが医療・介護・福祉・保育分野に関わるようになったのは、1980年代の半ば、来たる高齢化社会を見据えて、専門学校で介護福祉分野の人材育成を始めたことがきっかけでした。その後1993年に病院の経営に参画し医療法人を設立。以来、地域のニーズに応え、社会福祉法人や介護サービス事業を運営する株式会社を設立して多様な施設を開設してまいりました。事業領域は医療施設や介護施設の運営のみならず、メディカルフィットネスや保育園、障がい者の就労支援を目的とした事業など多岐にわたります。

一人ひとりのニーズや状態に合わせた多様なサービス

NSGグループでは、一人ひとりのニーズや状態に合わせた様々なサービスを提供しています。現在、急性期から回復期、維持期にわたる3つの病院をはじめ、老人保健施設や特別養護老人ホームなど32カ所の入所事業、通所介護や通所リハビリテーションなど38カ所の通所事業、グループホームや小規模多機能居宅介護などの地域密着型サービス事業、様々な形での保育事業などを展開しています。NSGグループが展開する医療・介護・福祉・保育分野の全ての事業を合わせると、その数は164事業、定員の総数は4,400人に及び、年間15,000人以上のケアをさせていただいています。また、事業エリアは新潟県内に留まらず、首都圏においても事業を展開しています。

NSGグループの医療・介護・福祉ネットワーク

NSGグループは、皆さまに安心してサービスを受けていただけるよう、「医療・介護・福祉・保育」のネットワークを構築し、在宅サービスから施設サービスまで幅広くサービスを提供しています。また地域の各種機関とも連携を図りサービスの切れ目をなくしています。このような仕組みは、利用者本人だけに限らず、ご家族にとっても大きな安心となります。私たちは、強力なネットワークでサポート体制を整え、皆さまが安心して笑顔で過ごせるよう、様々なニーズに対応して、多様なサービスを提供してまいります。

教育機関と医療・介護・福祉・保育施設との連携

新潟医療福祉大学

教育事業と医療・介護・福祉・保育事業は、NSGグループにとって2つの大きな柱であり、教育機関と医療・介護・福祉・保育施設の連携は、高いシナジー効果を生み出しています。学生の教育や様々な研究に取り組める教育研究の機関と、実際のサービス提供の中で専門的な知識や技能を学べる施設とを、グループ内に有していることは、双方にとって大きな強みとなっています。教育機関は、教員より施設職員に対し医療・介護・福祉・保育の専門分野に係る研修の機会を提供し、施設は、学生の実習先や就職先としての機能を提供しています。この相互の協力関係が、医療・介護・福祉・保育における「サービスの質の向上」と、学生に対する「教育の質の向上」に大きく寄与しています。

安心して子育てができる社会の実現に向けた保育サービスの展開

認可保育所、小規模認可保育所(福)愛宕福祉会、
(株)マイキャリアクラス(支援法人)
認定こども園(福)愛宕福祉会
企業主導型保育施設新潟医療福祉大学※、NSGカレッジリーグ※、FSGカレッジリーグ、(福)愛宕福祉会※ ※2018年開設
託児所、院内保育所(医)泰庸会、(医)愛広会
プリスクールフィオーレ・モンテッソーリ・インターナショナル

NSGグループでは、子どものすこやかな成長とそのご家族を支えるため、保育サービスの充実に取り組んでいます。認可保育所、病院併設の託児所のほか、職員の子どもと地域の子どもたちをお預かりする企業主導型保育所を運営しています。また、日常生活のコミュニケーションをすべて英語で行うプリスクールの運営も行っています。NSGグループの教育事業で培ったメソッドを活かし、通常の保育サービスによる子育て支援に加え、子どもの持つ無限の可能性を引き出す幼児教育にも取り組んでいます。

シェア