「お店の味を自宅でも楽しみたい!」そんな声から生まれた新商品 瀬戸内レモンと国産ハチミツのハーモニー フレーバー甘酒 「糀・蜂蜜れもん」 新発売のご案内 ~新潟市の糀甘酒専門店より夏の新作の発表です~

2021.06.25 Fri

NSGグループが支援する株式会社古町糀製造所(所在:新潟県新潟市、代表取締役:葉葺正幸)の運営する糀甘酒専門ブランド「古町糀製造所(ふるまちこうじせいぞうしょ)」は、2021年夏の完全新作「糀・蜂蜜れもん」を7月16日(金)より販売いたします。

一年を通して四季折々にフレーバー甘酒を販売している当店ですが、夏のラインナップの新作はさっぱりレモンとまろやかな甘さの蜂蜜をブレンドした商品。暑い日によく冷やしてお召し上がりください。

【商品についてのご説明】

基本情報

お米と米糀から作られるノンアルコールの糀甘酒に、レモン果汁と蜂蜜をブレンドしました。心地よい柑橘の香りとレモンの酸味、あと味には豊かな花の香りが広がります。よく冷やして、暑い日のおやつにお召し上がりください。

ストレートタイプですが、牛乳や豆乳で割るアレンジも楽しむことができます。

商品名:糀・蜂蜜れもん

直販価格:1,200円(税抜)

内容量:500ml

原材料:米(国産)、米糀(国産米)、レモン果汁(瀬戸内産)、はちみつ(国産)

販売期間:7月16日(金)~ (予定数量完売次第)

※蜂蜜が含まれる商品ですので、1歳未満の乳幼児には与えないでください。

 

開発経緯

当店ではこれまで、季節感のある様々なフレーバー甘酒を開発・販売してきました。新潟市内に構える実店舗では、テイクアウトのカップドリンクの販売も行っています。これまでカップ限定の提供メニューで夏季に特に人気の高かった「糀ハニージンジャーレモン」(蜂蜜+生姜+レモンのアレンジ甘酒)という商品があります。「店頭だけではなく自宅でも楽しみたい」「遠方に住まう知人に贈りたい」そんな声の多い品物でした。

今回、この声に応えるべく商品開発を行いました。オリジナルは生姜入りのメニューになっておりますが、小さいお子様も含めてより幅広い方に親しみやすいように蜂蜜とレモンだけでレシピを再調整。もちろん、ご家庭で生姜を加えても美味しくいただくことができます。

原料について

本品には瀬戸内(広島県)産のレモン果汁と、国産のトチ蜂蜜を使用しています。

国内に流通するレモンの多くは輸入品です。輸入レモンは船便の長期輸送を見越して完熟する前に収穫されてしまいます。他方国産レモンは、完熟を待って収穫することができます。どちらも同様に酸っぱいのですが、熟す過程で甘みと香りが一層強くなると言われています。

また、使用する蜂蜜にはトチの蜜を選びました。サクラ、アカシアなど蜂蜜もその花の種類によって様々に特徴が異なります。もともと甘みのある甘酒とブレンドする上では、お米由来の甘酒の甘みとマッチすることが大切な要素でした。他方で蜂蜜特有の香りは強く主張して欲しい。複数の蜂蜜を比較したところ、最も条件に合致するのがトチの蜂蜜でした。

 

完熟レモン果汁及びトチの蜂蜜を使うことで、酸っぱいだけではないレモンの風味と、野に咲く花々が想起される華やかな香りが楽しめる商品が完成しました。

 

【販売店】

古町糀製造所 古町本店(新潟市中央区古町通二番町533番地)

古町糀製造所 公式オンラインショップ(https://furumachi-kouji.net/)

新潟県内物産店など

 

 

【会社概要】

法人名:株式会社古町糀製造所

所在地:新潟県新潟市中央区古町通二番町533番地

経歴:銀座でおむすび屋を運営する「銀座十石」から分派して生まれた、日本初の糀甘酒の専門ブランドです。2009年7月に新潟市内に店舗をオープンし、本年で12周年。各種商品の企画開発・販売を通して糀や発酵、醸造の魅力をお客様に伝えています。

今回ご紹介の商品をはじめ、季節ごとに展開するフレーバー甘酒が特徴的です。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社古町糀製造所

取締役ブランドマネージャー 小畑宏樹(おばた ひろき)

TEL:050-3852-0710

MOBILE:090-6749-3048

MAIL:obata@wakyo-shouten.com

 

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア