「人の人生に関わる仕事がしたい」新潟へのUターンで、より人の温かみを感じられる仕事を

2019.05.28 Tue

教育に関わるということも人の人生に関わること

 NSGカレッジリーグで最初はアップルスポーツカレッジ(ASC)に配属になり、その後、現在の国際外語・観光・エアライン専門学校(AIR)に異動になりました。
現在は事務局長として事務局、学校運営のマネジメントに携わっています。
事務局の職務は多岐にわたるのですが、その中でも、より多くの高校生の方にAIRの魅力を知ってもらい、「AIRでなら自分の夢をかなえられる!」と思ってもらうことで、AIRに入学してもらえるよう日々奮闘しております!高校のガイダンスに行ったり、ホームページやパンフレットの作成をしたり、オープンキャンパスを開催したりといった学生募集に関する業務を中心に行っています!

以前は人材系の会社で、新卒の方の就職活動や・求職者の方の転職のお手伝いをしていましたが、今度は高校生の方への進学という大きなライフイベントのお手伝いをする仕事で、これもとてもやりがいがありますね!
教育という分野に携わるということは、学生が自分の人生において何を学んで、身に付け、どうやったら夢をかなえられるか、ということ繋がりますので、これもまたとても責任が重く、それでいて、やりがいを感じられる部分だと思っています。
自分が関わることでその人の人生が良い人生になってくれたら、それは私にとっても本当に嬉しいことです。

もちろん関わるのは入学を希望する方だけではなく、在学生の皆さんや、教務の方々など多くの方とのコミュニケーションがとても大事で、「人と関わる」という意味ではずっと変わらないスタンスで仕事が出来ていると感じています。
しかもAIRの場合は、学校の特徴として国際色がとても豊かです。学校内では英語や韓国語などがたくさん飛び交っています。現在の職場でもっと人と関わるためには、外国語の勉強もしないといけないな……と思っています(笑)

日々の学生とのコミュニケーションも仕事の一つ

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア