「人の人生に関わる仕事がしたい」新潟へのUターンで、より人の温かみを感じられる仕事を

2019.05.28 Tue

チャレンジ、成長できる環境が整っている

これはUターンしたから。ということではないのですが、現在事務局長という立場で仕事をさせていただいていて、NSGの職場はいろんなことにチャレンジできる環境だなと感じています。
NSGカレッジリーグはとても歴史のある専門学校グループですので、学校がこれまで積み上げてきた経験がたくさんあります。これももちろん重要なのですが、やはり時代は変化していきますし、新しいことへのチャレンジも大事だと思っています。私としては「変えるべきところは変える。継続するべきところは継続する。」ということを意識して仕事をしていますし、自分自身もそうでなくてはいけないなと思っています。
その為には学ばなければいけないこともとても多いので大変ですが、そういった環境で仕事ができることで日々成長を実感できています!

また、今年度、NSGグループの事業創造大学院大学に入学し、2年後の経営管理学修士(専門職/MBA)の取得を目指して、経営学やマーケティングについて改めて学び始めました。ここで学んだことを自分の置かれた組織の成長につなげていきたいなと思っています。
こういう学ぶための環境があるのもNSGグループの良い部分だなと思いますね。

今後も人の人生に関わる仕事をしながら、少しでも地域へ貢献していきたいと思います。


北川 健介(きたがわ・けんすけ)

長岡市出身。新潟県内の大学卒業後、都内で人材系の会社に入社。その後、新潟にUターンし、人材関連の会社に勤めたのち、NSGグループに入社。アップルスポーツカレッジ(ASC)の事務局に配属。2年目からは事務局長を務め、現在は国際外語・観光・エアライン専門学校(AIR)の事務局長として、学校の魅力を発信している

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア