「夢の入り口に立たせてあげることができたら」 就職支援、そして生活支援で学生の未来を支える

2019.12.29 Sun

「視野と可能性を広げられたら」
学生の就職支援が大きなやりがいに
その後はNSGカレッジリーグの専門学校や本部で主に学生たちの就職支援に関わるような仕事が多かったです。
カレッジリーグ全体の合同企業説明会の企画・運営や、学生たちに向けた就職実務の授業、自己PR添削、面接練習などを行っていました。いざ就職を目の前にした時、「この道のプロになりたい」「こんな人物になりたい」と入学前から変わらない目標を持っている学生もいれば、学び進めていく中で全く違う進路や業界に興味を持つ学生ももちろんいます。
専門学校で過ごす時間は、その“本当にやりたいこと”に気付くための大切な準備時間だと思うので、それぞれの学生が希望を叶えられるようにサポートをしてきたつもりです。

行きたい進路に思う様に進めず悩んでいた学生から相談を受けた際には、「その目標を叶えるには、こういう道もあるのでは」と新たな視点で選択肢を提案することもありました。
その後、その卒業生の会社にインターンシップでお世話になった在校生から、卒業生がイキイキと働いている様子を聞いてホッと安心し、嬉しかったのを覚えています。
私たちにできることは、学生たちを叶えたい夢の“入り口”に立たせてあげること。
その先の人生に繋がるような、大切な瞬間に関われているという仕事に大きなやりがいを感じていました。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア