【Uターン】「自然豊かな生活環境は仕事にもプラスに」 固定概念には捉われず、学校の存在意義を高めていけたら

2019.06.19 Wed

新たなライフステージと共に再び上越地区に
「教育の発展、人材育成に貢献できたら」
実はプライベートでは結婚をしまして、夫が上越でスノーボードショップを営んでいるのでこの春から私も上越公務員・情報ビジネス専門学校の事務局長として勤めております。
以前妙高で働いていたので、「ただいま」というような気持ちで異動することができました。
学校の近くに新居を設けたので、そこでは大きな庭を作って夫が野菜、私が季節の花を育ててのびのびと過ごしています。お互いアウトドアが趣味なので、休日は登山やサーフィンなども楽しんでいますね。肩肘張らない自然豊かな生活がとても心地良くて、仕事ともメリハリがつけられて過ごしやすいと思います。
上越はこうした環境が整っているので、地元愛が強い方が多いように感じていて、ここで学び、ここで暮らしていきたいという高校生もたくさんいます。
私たちはそういう思いの生徒たちに、最先端の学びの場を提供し、そして地域の企業の方々と連携し、地元で就職し、地域の発展に貢献してくれるような人材を育てていけたらと思っています。それがひいては、新潟県全体の発展に繋がることだと思っているので。

もともとはどちらかというと、スポーツやメディア業界に興味を持っていた私ですが、この教育に関われる仕事というのは本当に魅力的だなと最近改めて実感していますし、学生の成長を感じることは大きな喜びに繋がっています。
これからも、この学校の存在意義をしっかりと発信し、関わるスタッフ全員を巻き込んで日々進化し続ける学校を作っていきたいと思います。


廣瀬歩(ひろせ・あゆみ)
新潟生まれ。両親の仕事の都合で、小学校入学までの幼少期は東京で過ごすもその後は故郷・新潟へ。高校卒業後は、立教大学文学部日本文学専修へ進学。学生時代のアルバイトでは、サッカー関連のデータ会社で分析や執筆を担当した他、サッカーショップの店員、スタジアムでの売り子など、大好きなサッカーに関わる日々を送る。その後、スポーツ・サッカーに関わりたいと就職活動を進める中で、NSGグループに興味を持ち入社、Uターン。全日本ウィンタースポーツ専門学校、新潟ビジネス専門学校、新潟会計ビジネス専門学校の事務局、事務局長のキャリアを経て、2019年4月より上越公務員・情報ビジネス専門学校の事務局長に。「上越で地域密着でありながら、最先端の学びを提供する環境を作り続けたい」と学校運営を行っている。


上越公務員・情報ビジネス専門学校
8学科23コースという多彩な学びのフィールドがあり、保育・公務員・IT・医療事務・ブライダル・デザイン・販売など、各分野のプロフェッショナルを目指すNSGカレッジリーグの専門学校。2019年度より新たにサイバーセキュリティーコース、国際トラベルガイドコースも誕生。
https://www.jjc-net.ac.jp/
新潟県上越市北城町3-4-1
TEL/025-522-4511 FAX/025-522-4420

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア