『ビジネスの甲子園』で2年連続 全国頂点に! 8年ぶり個人総合競技でも優勝!

2018.09.10 Mon

NABI 新潟会計ビジネス専門学校(新潟市中央区)は、9月2日(日)東京で開催された「全国簿記電卓競技大会」(全国経理教育協会主催【文部科学省後援】)の本選において、簿記団体競技部門:優勝、電卓団体競技部門:準優勝、簿記個人総合競技:個人優勝の成績をおさめました。

「全国簿記電卓競技大会」は、全国経理教育協会会員校249の専門学校が経理・ビジネス教育の向上を目指して行っており、全国8ブロックに分かれ地方大会を行い、毎年夏には全国大会を開催し日本一を決定する、いわば「ビジネスの甲子園」といわれる競技大会です。優勝したチームには文部科学大臣賞が授与されます。

新潟会計ビジネス専門学校では、入学者全員が簿記を学ぶことで、会計の精神であるコミュニケーション能力と問題解決能力を身につけることを目指し、目標に向かって努力し成長し続ける学生が全国大会で優秀な成績をおさめたことで、全校生徒のモチベーションアップにつながると考えております。

今後も同校では幅広く社会で通用する人材を輩出すべく、簿記や電卓を通して計数感覚に強い人材の育成を行ってまいります。

【新潟会計ビジネス専門学校 出場学生の結果と出身高校】
●簿記の部・・・団体競技 優勝(2年連続 15回目)
清野 茉里 (4年 新発田商業高等学校出身)
青柳 大弥 (2年 新潟商業高等学校出身)個人優勝(8年ぶり)
馬場 望実 (2年 堀之内高等学校出身)
齋藤 裕己 (2年 新発田高等学校出身)

●電卓の部・・・団体競技 準優勝
小島 菜々子 (2年 新潟翠江高等学校出身)
相沢 花音  (2年 新発田商業高等学校出身)
高橋 尚子  (2年 十日町高等学校出身)
泉田 莉奈  (2年 三条東高等学校出身)
榎本 彩音  (2年 新発田商業高等学校出身)

「全国簿記電卓競技大会」とは
日頃の学習によって修得したビジネスにとって必須といえる経理・会計の知識・技能を「より速く、より正確に」競い、その心と技術を向上させる目的があります。日本は古来より珠算などを使うことで、優れた計算能力と思考力を有しておりました。現代においても、簿記や電卓に取り組むことで、計算能力を高めるとともに、昨今、変化の激しいビジネス業界において、創造的思考力を有した人材を輩出すべく競技大会を開催しています。

【本件に関する問い合わせ】
新潟会計ビジネス専門学校
https://www.nabi.ac.jp/

〒950-0086 新潟市中央区花園1-1-12  
TEL 025-244-8010 
FAX 025-247-7231
事務局 阿部 直樹/(abe.naoki@nsg.gr.jp)

シェア