【事業創造大学院大学】3/5(土)サッポロホールディングス株式会社 顧問 髙島 英也 客員教授による特別講義 「それでもやっぱりモノづくり ~我々ならではのユニークネス~」開催

2022.02.24 Thu 関連タグ: #大学#産学連携

NSGグループの事業創造大学院大学(新潟県新潟市中央区米山3-1-46)は、2022年3月5日(土)10:30より、サッポロホールディングス株式会社 顧問 髙島 英也 客員教授をお招きし、「それでもやっぱりモノづくり ~我々ならではのユニークネス~」と題し講義を行っていただきます。本大学院生はもとより、一般の方々にも受講いただけるよう広く公開しておりますので、ぜひこの機会に皆様からのご参加をお待ちしております(参加無料・要予約)。


◆日  時 2022年3月5日(土)10:30~12:00
◆配信方法 Microsoft Teamsを使用したオンライン講義
◆締  切 3月3日(木)17:00まで

・この特別講義は事前の申し込みが必要です。
・特別講義申込フォームはこちら
https://forms.office.com/pages/responsepage.aspx?id=Gh9Il5GcnkGMdaFkn8wsGpTtfaTvuupOounopjDQL0JUMDVUTkdaQkJZMzJGVkU3Uk9UWVJHSTM1WSQlQCN0PWcu

・電話・ファックス・e-mailなどでもお申し込みが可能です。
・お申し込みの際は、氏名・事業所名・部署役職・電話番号、メールアドレス、特別講義を知ったきっかけの6点をお知らせ願います。
◆受講料 無料
◆問合せ・お申込先
事業創造大学院大学 事務局(担当:石崎)
TEL:025-255-1250 / FAX:025-255-1251 / e-mail:info@jigyo.ac.jp
〒950-0916 新潟市中央区米山3-1-46

※お申込みチラシはこちら
https://www.jigyo.ac.jp/images/2022/01/bfbbeb71a1df8059046dab3e06ae9784.pdf
〈講師紹介〉
サッポロホールディングス株式会社 顧問 髙島 英也 客員教授

1982(昭和 57)年 3 月 東北大学農学部 卒業
1982(昭和 57)年 4 月 サッポロビール株式会社 入社
1997(平成 9) 年 11 月 同社 大阪工場 製造部長
2001(平成 13)年 9 月 同社 ビール製造本部 製造部担当部長
2003(平成 15)年 7 月 純粋持株会社へ制度移行
2007(平成 19)年 3 月 同社 仙台工場長
2009(平成 21)年 3 月 同社 取締役兼執行役員 経営戦略本部長
2012(平成 24)年 9 月 同社 常務執行役員 北海道本部長
2013(平成 25)年 3 月 同社 常務執行役員 北海道本部長 兼 北海道本社代表
2015(平成 27)年 3 月 ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 取締役専務執行役員
2017(平成 29)年 1 月 サッポロビール株式会社 代表取締役社長 兼 サッポロホールディングス株式会社 グループ執行役員
2017(平成 29)年 3 月 サッポロビール株式会社 代表取締役社長 兼 サッポロホールディングス株式会社 常務グループ執行役員
2021(令和3) 年 3月サッポロホールディングス株式会社 顧問就任
以上

※客員教授紹介プロフィールはこちら
https://www.jigyo.ac.jp/faculty/visiting/takashima-hideya/

〈事業創造大学院大学客員教授による特別講義とは〉
事業創造大学院大学では、本学の起業家育成に関する教育理念に賛同いただいた産業界など各分野の第一線で活躍中の起業家や経営者、著名な学識者に客員教授として就任いただき、本学学生や地域社会のために特別講義を広く開講しています。
客員教授による講義では、新たな事業を創造するために必要不可欠となる新たな気づきや経営者視点・考え方を学ぶことができ、ビジネスの一助となる機会を与えてくれます。

学長: 仙石 正和【事業創造大学院大学】
住所: 新潟県新潟市中央区米山3-1-46
URL: http://www.jigyo.ac.jp
TEL: 025-255-1250
FAX: 025-255-1251

<お問い合せ先>
〒950-0916 新潟県新潟市中央区米山3-1-46
事業創造大学院大学 事務局 
事業推進課 
TEL 025-255-1250
FAX 025-255-1251

E-mail info@jigyo.ac.jp
URL http://www.jigyo.ac.jp/
関連タグ: #大学#産学連携

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら