【伝統文化と環境福祉の専門学校】ホンモノの寺社仏閣で学ぶ伝統建築~現場実習を通じた教育と地域貢献~

2021.12.8 Wed 関連タグ: #専門学校#地域活動#教育

NSGグループの伝統文化と環境福祉の専門学校は、新潟県佐渡市にあり、在校生の93%が新潟県外から入学する宮大工を育成する学校です。本物の社寺を教材として、修復等を行い、学生は実践的に学ぶとともに、地域貢献を行っています。

2021年度、前期には薬師寺(佐渡市沢崎)階段架け替えと柱の根継ぎ改修工事を実習授業として行いました。後期には、剛安寺(佐渡市吉井本郷)にて床板張替えの修繕を実習授業として行い、2021年11月末でお引渡しを完了しました。
現場での実習を通じ、高齢化が進む佐渡で、修繕等が立ち行かない社寺への貢献と学生たちにとっては、本物に触れ、実践的に学びを実践しています。

教科書には無い現場でしか起きない不測の事態を目の当たりにしながら、試行錯誤して作業を行っています。就職してから活きてくる経験を積み、社会にでて活躍してくれる事と思います。

また、目の前にお施主さんが見えることは、「もの造り」の原点とも言える、最高の仕事をしてお客様に喜んでいただくということを直に感じ取ることができる最高の教育環境と考えています。

法人名:学校法人 国際総合学園 伝統文化と環境福祉の専門学校
所在地:新潟県佐渡市千種丙202番地1
代表者名:学校長 渡辺秀則
URL: http://www.sado-nsg.com/

 

<プレスリリースに関するお問い合わせ>

担当部署:教務部   
担当者名:井土英樹
TEL:0259-61-1122 
FAX:0259-61-1133
e-mail: izuchi.hideki@nsg.gr.jp

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら