【国際トータルファッション専門学校】イタリアの有名ウェディングドレスデザイナー<ロベルタ氏>によるオンライン特別授業を実施

2022.09.6 Tue
NSGグループ 学校法人 国際総合学園 国際トータルファッション専門学校(以下「本学」、新潟県新潟市、学校長:土田 一郎)では、8月29日からファッションデザイン科2年生、ブライダル・コスチュームデザイン科2年生を対象にイタリアの著名なウェディングドレスデザイナー、及びパタンナーのロベルタコンティンボ講師の指導をオンラインで受講しました。

 

ロベルタコンティンボはイタリアのミラノにある本学の海外提携校であり、卒業生のほとんどがファッション業界で活躍しているパターンや縫製に特化した技術を習得できるセコリ校(イスティトゥートセコリ)の卒業生で、伝統と格式の高いイタリアパタンナー協会の会員です。
自らも「Roberta Cotimbo Atelier」のウエディングドレスデザイナー兼パタンナーとして活躍するかたわら、確かな技術に裏打ちされたウェデングドレスのパターンスキル、伝統的なイタリアのクチュールテクニックの講師としても活躍しています。

そのようなロベルタ講師が本学学生を対象に授業をオンラインで行いました。
学生が作成したウェディングドレスのデザイン画を事前に講師に送り、印象的なデザイン画を4点選出してもらいます。それぞれのデザイン画の特徴的なディティールを忠実に再現する技法とパターン理論を一週間の集中講座で指導するとともに、今年はスカート部分や袖に立体的なふくらみを生み出すバルーンのテクニックを中心に様々なウェディングドレスのディティールやシルエットの技術を指導してくれました。学生たちはオンラインで伝統的なイタリアの確かな技術を教えていただくことで世界に通用するパターン技術と理論を習得しました。

本学のファッションデザイン科は1年次にデザインやパターン、縫製の基礎知識を学び、2年次に高度な服作りを学び、デザインやコンテストに積極的に挑戦します。2年次はデザイン画の入選に向けたアイデアやコンセプトの深堀りを行い、デザインへのアプローチ理論などを授業内で対策を徹底的に行い主要な国内コンテストへ出場することで、例年多数の受賞歴を収めています。
また、ブライダル・コスチュームデザイン科は1年次にファッションデザイン科と同様にデザイン、パターン、縫製の基礎技術を学び、2年次に衣装デザインコースとウェディングデザインコースに分かれ、より専門性に特化したカリキュラムを学び作品を完成させていく学科となります。

今後の卒業制作作品の完成に向けた取り組みの中で、ロベルタ講師から習得したパターン技術が活きていることは間違いありません。

ロベルタコンティンボ講師ロベルタコンティンボ講師

■ロベルタ コンティンボ
https://nitf.jp/lecturer/

■ISTITUTO SECOLI(イスティトゥート セコリ)
https://italia-giappone.net/studiare_italia/technical_school/other_schools/istituto_secoli.html

■国際トータルファッション専門学校とは?
1945年、前身となる岩崎服装学院の創設より77周年を迎える新潟県唯一の服飾系の専門学校です。
日本・世界で活躍する業界のプロを講師として招いての直接指導や日本を代表する企業とのコラボ授業が充実など、実践的なカリキュラムを通じて変化するファッション業界で活躍できるプロフェッショナルを育成します。
設置学科:ファッションデザイン科、コスチュームデザイン科、ブランドプロデュース科、ファッションスタイリスト科、ファッションビジネス科、大学併修ファッション科
※2023年度生募集よりブライダル・コスチュームデザイン科はコスチュームデザイン科に学科名変更。
※ブライダル衣装に関する内容は2023年度生募集からファッションデザイン科ブライダルデザイナーコースに移行

<国際トータルファッション専門学校 公式HP>
https://nitf.jp/

学校法人 国際総合学園 国際トータルファッション専門学校
所在地:新潟市中央区古町通7番町935 NSGスクエア3F
Tel: 025-226-6601