【国際映像メディア専門学校】新潟の声優・俳優・映像の専門学校が、大人気声優を迎えたイベントを3月26日(土)に開催しました。

2022.04.15 Fri 関連タグ: #専門学校#産学連携

NSGグループの声優・俳優・映像系専門学校「国際映像メディア専門学校」(新潟市)では、声優・俳優・アーティストとして幅広く活躍中のKENNさんをお迎えしたトークライヴイベントを3月26日(土)に朱鷺メッセ マリンホール(国際会議室)にて開催しました。

KENNさんは、「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」遊城十代役、「アイドリッシュセブン」四葉環役、「宇宙兄弟」南波日々人役、「キャップ革命ボトルマンDX」帆狩リョウ役などを演じられています。

イベントの第1部では、KENNさんによる「声優トークライヴ」を行いました。
「声優・舞台・アーティストそれぞれの魅力」や「声優になるために必要なこと」など、声優・俳優・アーティストに興味のある方にとって非常に興味深いお話しをしていただきました。

また、第2部では「声優ワークショップ」を行いました。参加者の高校生や在校生がステージ上で台本を読み、KENNさんから直接アドバイスをいただくという大変貴重な機会でした。

【学生コメント 声優アクターズ科声優コース1年 丸山鈴夏さん】
KENNさんのお話で特に印象に残っているのは、「表現者としてどうするべきか、楽しんでいただくためにどうするべきか、と考えて行動している。」というところでした。ステージに立ち、KENNさんの前で台本を読んだ時はとても緊張しましたが、その時にも緊張をほぐしてくれるように優しくアドバイスをしていただき、周りへの気遣いを実際に感じることができました。私もKENNさんのように周りの人への気遣いや相手がどう思うかのをきちんと考えて行動し、みんなを笑顔にできる声優になりたいです。

【学生コメント 声優アクターズ科声優コース1年 江原航希さん】
声優ワークショップでKENNさんから具体的なアドバイスをいただき、改めて自分のクセや間の取り方について気を付けていきたいと思いました。また、声優、俳優、歌手、いろいろなジャンルで活躍する人になるための心がけついて、「いろいろなことを知って、いろいろな角度からものを見れるようになることで自分の武器や引き出しが増える。引き出しはいくらあっても良いもの。」という言葉を聞いて、声優を目指す上で自分自身も視野を広げて経験や知識を積んでいきたいと思いました。将来は、自分にしかできない。個性を評価される声優になりたいと思っているので、役者としての技術をもっと磨いていきたいです。

今回のイベントを通し、中学生や高校生、在校生の進路選択や夢の手助けになっていればと願っています。

【国際映像メディア専門学校】 https://www.i-media.cc/
新潟市にある声優・俳優・映像・舞台の総合的なエンターテイメントの専門学校で、アーティスト・パフォーマー系学科ではプロになるための基礎、発声・活舌・アクターズレッスン・ダンス・ヴォーカルトレーニング等、現代の声優・俳優に必要なスキルを学び、また年間250回以上のインターンシップでゼロからプロを目指す。スタッフ・クリエイター系学科ではカメラワーク・編集・照明・音声・番組制作・演出などを総合的に学び卒業後の即戦力を目指す。

学科
声優科/声優アーティスト・アニソン科/俳優・ミュージカル科/動画・映像クリエイター科/舞台・声優スタッフ科/研究科

所在地: 新潟市中央区古町通6番町976番
TEL:0120-551-400

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら