【愛宕商事株式会社】あそぶ!まなぶ!好きになる!第1回知域王チャンピオン大会in佐渡 開催しました

2021.12.30 Thu 関連タグ: #イベント#教育

NSGグループの愛宕愛宕商事株式会社は、佐渡市と佐渡市教育委員会共催で、12月12日(日)に佐渡市金井コミュニティセンターにて地域活性化カードゲーム「知域王#001佐渡」の第1回チャンピオン大会(佐渡市内小学校児童対象)を開催致しました。


地域王は役作り型の対戦ゲームで、遊びながら地域を学べるのが特徴のカードゲームです。
2021年4月に佐渡市小学校へ愛宕商事より寄贈されたゲームで、小学校の授業で教材として、休み時間の遊びのツールとして使用されています。

今回は知域王を使って、島内小学校22校の児童を対象とした対戦形式の大型イベントを開催致しました。

■大会報告
参加児童、もとい参加選手は (悪天候で当日欠席が複数名あり)48名で予選会を行い、4名のファイナリストを選出しました。予選では、トーナメント形式ではなく3回行った合計ポイントが高い4名をファイナリストとし、今回の大会のチャンピオンを決定しました。

決勝戦はステージ上にて4名で行い、開発者の田宮翔(愛宕商事株式会社)と佐渡市教育委員会教育長・新発田靖様とで実況解説を行い、参加児童や保護者はそれをスクリーンにて観戦しました。

■授賞式
優勝は加茂小学校の6年生が受賞しました。
教育長新発田様より、賞状や景品の授与を行いました。

■協力団体の皆様
※撮影時のみマスクを外しております

知域王(ちいきおう)は、『あそぶ!まなぶ!すきになる!!』のキャッチコピーの通り、「遊びながら地域を知り、学ぶきっかけになれば」と作成したゲームです。今回参加してくれた子ども達も、純粋にゲームが楽しくて参加しており、「地域をより深く理解したい!」と考えている子は少ないと思います。

本大会では「来い!おけさ柿」「その真野御陵をひっくり返して」など、知域王で遊んでいるからこそ出てくる佐渡の地域ワードが沢山ありました。知域王を通して、子どもたちが意識せずとも地域に触れていることを肌で感じ、その心が根付いて次世代の地方創生のきっかけになればと思います。

参加いただいた児童、保護者の皆さん、共催いただきました佐渡市、佐渡市教育委員会の皆様、協賛いただいた企業の皆様、運営をサポートしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

愛宕商事株式会社 教育事業部
田宮 翔

主催:愛宕商事株式会社
共催:佐渡市、佐渡市教育委員会
協賛・協力:佐渡青年会議所、佐渡科研究会、佐渡市地域おこし協力隊 他
来賓:佐渡市教育委員会 教育長 新発田 靖様、サドッキー
日程:2021年12月12日(日)9:40~12:30
会場:金井コミュニティセンター ( 新潟県佐渡市千種240)

■商品・サービスの紹介サイト
URL:https://chiikiou.com/

■今後の事業展望・予定など
・第二弾として、新潟市版を現在制作中(2022年2月完成予定)
・2023年度に向け他地域版を複数企画中

■会社概要
法人名:愛宕商事株式会社
代表者:高橋 克郎
所在地:新潟市中央区東堀通一番町494番地3
事業内容:総合商社
URL:https://atago-corp.com/

関連タグ: #イベント#教育

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら