【新潟医療福祉大学陸上競技部】 U20日本陸上競技選手権大会 男子円盤投げで大活躍!中町真澄選手が優勝、北原博企選手2位のワンツー入賞!

2021.06.29 Tue

新潟医療福祉大学陸上競技部の中町真澄選手(健康スポーツ学科2年/能登高校出身)が、6月24日(木)〜6月27日(日) ヤンマースタジアム長居(大阪市)にて行われた第37回U20日本陸上競技選手権大会の男子円盤投げで、55m05を記録し優勝致しました。また、2位には北原博企選手(健康スポーツ学科1年/開志国際高校出身)が入賞し、男子円盤投げにおいては新潟医療福祉大学勢がワンツーを飾る活躍を見せてくれました。また、第105回日本陸上競技選手権大会も同時開催され、新潟医療福祉大学の選手2名が出場いたしました。出場選手の結果は下記の通りです。

北原博企選手(写真左)、中町真澄選手(写真右)

 

 

【出場選手結果】

◆第37回U20日本陸上競技選手権大会

・中町真澄選手(健康スポーツ学科2年/能登高校出身)

男子円盤投げ 55m05 優勝

 

・北原博企選手(健康スポーツ学科1年/開志国際高校出身)

男子円盤投げ 53m68 2位

 

・佐々木健介選手(健康スポーツ学科1年/新津工業高校出身)

男子ハンマー投げ 59m36 9位

◆第105回日本陸上競技選手権大会

・堀井遥樹選手(健康スポーツ学科4年/鯖江高校出身)

男子走り高跳び 2m15 9位

 

・エパサカテレサ選手(健康スポーツ学科3年/姫路商業高校出身)

女子ハンマー投げ 58m54 5位

 

エパサカテレサ選手

 

今後とも陸上競技部へのご声援をよろしくお願い申し上げます。

 

【陸上競技部 今後の主な大会予定】

・7月3日(土)・4日(日)

北日本学生陸上競技対校選手権(新潟市陸上競技場)

・7月17日(土)

全日本大学駅伝北信越予選会(長野市営陸上競技場)

・9月17日(金)~19日(日)

日本学生陸上競技対校選手権(熊谷スポーツ公園陸上競技場)

【新潟医療福祉大学】 https://www.nuhw.ac.jp/
全国でも数少ない、看護・医療・リハビリ・栄養・スポーツ・福祉・医療ITを学ぶ6学部13学科の医療系総合大学です。この医療系総合大学というメリットを最大限に活かし、本学では、医療の現場で必要とされている「チーム医療」を実践的に学ぶことができます。また、全学を挙げた組織的な資格取得支援体制と就職支援体制を構築し、全国トップクラスの国家試験合格率や高い就職実績を実現しています。さらに、スポーツ系学科を有する本学ならではの環境を活かし、「スポーツ」×「医療」「リハビリ」「栄養」など、スポーツと融合した学びを展開しています。

学科
理学療法学科/作業療法学科/言語聴覚学科/義肢装具自立支援学科/臨床技術学科/視機能科学科/救急救命学科/診療放射線学科/健康栄養学科/健康スポーツ学科/看護学科/社会福祉学科/医療情報管理学科

 

【新潟医療福祉大学 強化指定クラブ】 https://www.nuhw.ac.jp/sport/

本学では、水泳・男子サッカー・女子サッカー・男子バスケットボール・女子バスケットボール・陸上競技・女子バレーボール・ダンス・硬式野球・卓球・テニス・男子バレーボールの全12種目を強化クラブとして指定し、トップアスリート及び指導者の育成に取り組んでおります。

所在地:新潟県新潟市島見町1398番地

TEL 025-257-4459   
FAX 025-257-4456 
e-mail toshiyuki-minami@nuhw.ac.jp

大学HP  https://www.nuhw.ac.jp/

<プレスリリースに関するお問い合わせ>

【担当】 広報課 南 俊之 ・ 倉部 崇史

 

 

 

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア