【新潟医療福祉大学陸上競技部】 10月31日(日) 全日本大学女子駅伝対校選手権大会 10年連続10回目の出場!

2021.10.15 Fri 関連タグ: #教育#健康・スポーツ#大学

10月31日(日)宮城県仙台市にて行われる「第39回全日本大学女子駅伝対校選手権大会」に新潟医療福祉大学 陸上競技部が出場いたします。本学の出場は10年連続10回目となります。

昨年の4月から、日本代表としてオリンピックに2度、世界陸上に3度出場された大島めぐみさんが本学の女子長距離チームの監督に就任し、新たな体制でスタートを切りました。今年は、チーム目標である15位以内を目指して杜の都・仙台を駆け抜けます。

 

 

◆選手コメント

吉田 千紘 選手(よしだちひろ/健康スポーツ学科4年/静岡県立浜松湖東高校出身)

全日本大学女子駅伝に向けて、何度かミーティングや合宿を重ね日々練習に励んできました。

私たちのチームは15番以内にゴールすることが目標です。この目標を達成するために、本番まで残された時間で1人ひとりができることを確実に行っていきたいと思っています。駅伝メンバーはもちろんですが、チーム全員で最後まで全力を尽くすので、応援よろしくお願いします。

 

 

 

【第39回 全日本大学女子駅伝対校選手権大会】

■期  日 : 2021年10月31日(日)12時10分スタート

■会  場 : スタート 弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)

フィニッシュ 仙台市役所前市民広場  ※全6区間38.1km

■大会情報 : http://www.morino-miyako.com/index.html

 

【新潟医療福祉大学】 https://www.nuhw.ac.jp/
全国でも数少ない、看護・医療・リハビリ・栄養・スポーツ・福祉・医療ITを学ぶ6学部13学科の医療系総合大学です。この医療系総合大学というメリットを最大限に活かし、本学では、医療の現場で必要とされている「チーム医療」を実践的に学ぶことができます。また、全学を挙げた組織的な資格取得支援体制と就職支援体制を構築し、全国トップクラスの国家試験合格率や高い就職実績を実現しています。さらに、スポーツ系学科を有する本学ならではの環境を活かし、「スポーツ」×「医療」「リハビリ」「栄養」など、スポーツと融合した学びを展開しています。

学科
理学療法学科/作業療法学科/言語聴覚学科/義肢装具自立支援学科/臨床技術学科/視機能科学科/救急救命学科/診療放射線学科/健康栄養学科/健康スポーツ学科/看護学科/社会福祉学科/医療情報管理学科
【新潟医療福祉大学 強化指定クラブ】 https://www.nuhw.ac.jp/sport/

本学では、水泳・男子サッカー・女子サッカー・男子バスケットボール・女子バスケットボール・陸上競技・女子バレーボール・ダンス・硬式野球・卓球・テニス・男子バレーボールの全12種目を強化クラブとして指定し、トップアスリート及び指導者の育成に取り組んでおります。

所在地:新潟県新潟市北区島見町1398番地

TEL 025-257-4459   FAX 025-257-4456  e-mail toshiyuki-minami@nuhw.ac.jp

大学HP  https://www.nuhw.ac.jp/

 

<プレスリリースに関するお問い合わせ>

【担当】 広報課 南 俊之 ・ 倉部 崇史

 

 

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら