【NSG美術館】2022年4月2日(土)より新潟市西蒲区在住の現代美術家、高橋洋子氏の作品展 ―神々のさざめき― を開催いたします。

2022.03.16 Wed 関連タグ: #エンタメ

NSGグループのNSG美術館では、新潟市西蒲区在住の現代美術家、高橋洋子氏の作品展―神々のさざめき―を4月22日より開催いたします。

赤の時代-Scandalous rumor
この展覧会の副題をー神々のさざめきーとしました。ウオーターレスリトグラフの作品と銅版画の新作を中心に作品を展示します。一つひとつの作品が何をあなたに伝えるのか、聞いてみてください。<高橋洋子>

七里結界
青の時代-grief

あるがままの自分を認め、気づき、心の奥の闇に潜む己の意識を引きずりだして表現する。それを心がけて作品作りをする。その様々な姿は、時として作家の思い以上に変容を始め、命を吹き込まれ動き出す。森羅万象、あるいは神羅万象ともいう言葉が好きだ。存在するあらゆる物事や現象をさす言葉で、この宇宙に存在する全てのものが同じではないという意味でもある。

時の河を渡る
無常の風
【高橋洋子展 ―神々のさざめき―】
会期:2022年4月2日(土) ~ 5月22日(日)
会場:NSG美術館(新潟市中央区西船見町5932番地561)
電話:025-378-3773
ホームページ:http://www.nsg-artmuseum.jp/
開館時間:10:30~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日※祝日または振替休日が月曜日の場合はその翌日
観覧料:
■個人■大人300円、専門学生・大学生200円、高校生以下無料
■団体(20名以上)■大人200円、専門学生・大学生100円、高校生以下無料
※学生は学生証の提示が必要

関連タグ: #エンタメ

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら