【Albirex Racing Team】 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権(第1~3戦) 神 晴也 第2戦で4位、第3戦で5位のポイント入賞

2021.04.6 Tue

NSGグループの株式会社スピードパーク新潟が運営する、アルビレックス・レーシングチーム(代表:中村寿和 新潟県胎内市)は、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 第1戦/第2戦/第3戦 「富士スピードウェイ」でドライバーに 神 晴也(大阪府出身)を起用し参戦しました。

2021年4月3日(土)~4日(日)、富士スピードウェイで2021年全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 第1戦/第2戦/第3戦が開催されました。
2020年からスーパーフォーミュラ・ライツと名称を改められ、2年目を迎えたシリーズの開幕戦となるこのレースには全12台がエントリーしました。
4月1日~2日の専有走行を経て、3日正午に第1戦/第2戦の公式予選が行われ、第1戦及び第2戦は8番グリッドを獲得。
3日午後から第1戦決勝が行われた。レース終盤に野中誠太(Kuoカローラ中京TOM’S320)と5番手争いのバトルを展開していく。神はダンロップコーナーで5番手を行く野中のインを突くも2台は接触しクラッシュ。神はリアウイングを破損し12位の結果となりました。

4日午前の第2戦決勝では、神は8番グリッドからスタートするも2周目に5番手につける。11週目には3番手を走行していたジュリアーノ・アレジ(TOM’S320)がスピンしたことにより4番手につけていた野中と神の3位争いとなったが、ポジション変わらず神は4位でゴールとなった。
4日午後の第3戦では第1戦の結果によりグリッドが決定され、最後尾12番グリッドからのスタート。ウェットコンデションのレースの中、中盤には4位まで順位を上げ9周目に3位を走るアレジをオーバーテイクするも直後にスピンで順位を落としてしまい5位でゴールとなった。

神 晴也 じん せいや
大阪府出身
2000年10月30日生まれ

2018 もてぎチャンピオンカップレース S-FJクラス参戦(全線PP、優勝)

シリーズチャンピオン

富士チャンピオンカップレース S-FJクラス スポット参戦 優勝

2019 FIA-F4選手権参戦

2020 スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 第1~5戦 スポット参戦

FIA-F4選手権参戦

◎スーパーフォーミュラ‐・ライツ 公式ホームページ
http://superformula-lights.com
法人名:株式会社スピードパーク新潟
所在地:新潟県胎内市松波1013番地36
『アルビレックス・レーシングチーム』
URL :http://www.albirex-racing-team.jp
代表者名:中村 寿和


<プレスリリースに関するお問い合わせ>
担当者名:マネージャー 九原 長之
TEL:0254-45-2900
FAX:0254-45-2910
e-mail:info@speed-p-niigata.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア