【JAPANサッカーカレッジ】元サッカー日本代表・秋田豊氏よりeスポーツ戦術指導! 学生が「いきいき茨城ゆめ国体」出場を目指す!

2019.07.19 Fri

全国唯一のサッカー総合専門学校「JAPANサッカーカレッジ」より、川﨑新太選手(サッカービジネス科・2年生)が第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」の文化プログラムとして開催される「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」の静岡県予選大会(オープンの部)に出場いたします。



同校は、昨今のJクラブにおけるeスポーツチーム発足を受け、教育業務提携先の株式会社eスポーツジャパン様と協力し、2020年度よりサッカービジネス科へ「eスポーツマネジメントコース」を開設いたします。
川崎さんも国体eスポーツ新潟県予選において、当日の大会運営をおこないました。
また、2019年7月20日(土)に開催される静岡県予選大会に向けて、同社取締役の秋田豊氏より川﨑新太選手へウイニングイレブンの戦術講習会を開催いたしました。

■株式会社eスポーツジャパン 取締役 秋田豊氏 コメント

この度、川﨑新太選手の所属する「passa a bola」のウイニングイレブンにおける戦術指導を行わせていただきましたが、攻撃のクオリティは非常に高いものでした。逆に守備の部分に大きな問題がありました。空いたスペースを使われて崩されたりすることが多く見られたので、攻撃しているときのラインの押し上げとリスクマネジメントを静岡県予選大会では徹底してもらいたいと思います。
良い準備をして静岡県代表として「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」の本大会出場を目指してもらいたいです。

■JAPANサッカーカレッジ サッカービジネス科2年 川﨑新太選手 コメント

ウイニングイレブンの指導を受けたのは初めてだったので、とても新鮮でした。元サッカー日本代表である、秋田豊さんに指導をしていただき、個人としてもチームとしても成長することができたと思います。また、実際のサッカーとウイニングイレブンを融合したアドバイスはすごく良い経験となりました。チームとしての課題を見つけることができると同時に、大会に向けて手応えを掴むことができました。
課題を克服し、静岡県予選大会では良い試合をして、静岡県代表を目指して頑張ります。

株式会社eスポーツジャパン 概要
リアルなプロサッカー選手を活用したeスポーツ事業を展開する株式会社eスポーツジャパン(東京都中央区)は新時代に向け、サッカーで世界に通用するeスポーツ「最強チーム結成」を宣言。 独自の強みを生かしたeスポーツの「普及」「エンタメ化」も目指しています。

所在地:東京都中央区銀座6丁目4-8ー5F
代表取締役:岡山哲也
取締役:秋田豊
チーフアドバイザー:ドラガン・ストイコビッチ

■JAPANサッカーカレッジ 概要
2002年に新潟県北蒲原郡聖籠町に創設された全国唯一のサッカー総合専門学校。
地元プロサッカークラブ、アルビレックス新潟との連携から始まり、今年で開校18年目。全国唯一のサッカー総合専門学校として、多くの卒業生をサッカー業界やスポーツ業界に輩出しています。
学生のほとんどが新潟県外出身。新潟でしか学べない環境と仕組みをつくることで、Jリーグ55クラブ中49クラブ165名の卒業生が活躍しています。またJクラブだけではなく、日本サッカー協会やJリーグ事務局、サッカー関連の雑誌社などでも卒業生が活躍しています。
サッカー業界を目指す職種の職業訓練校として、即戦力となる人材を日本のサッカー界はもとより海外クラブにも視野を広げて、輩出し続けています。
http://cupsnet.com/

【本件に関するお問い合わせ】
JAPANサッカーカレッジ 担当 岡田
新潟県北蒲原郡聖籠町網代浜925-1
TEL:0254-32-5357  FAX:0254-32-5358
E-mail:cups@nsg.gr.jp  
URL:http://cupsnet.com/
http://cups-y.com/

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア