あれ!? ホントは東京より新潟が好きだったんだ…29歳で帰郷、120余年の老舗復活に挑む

2017.07.28 Fri

県外で約10年過ごし、昨年、Uターンをしてきた大橋祐貴さん。任された仕事は、老舗である新潟小川屋のマネージメント。「こんな大仕事を任されるなんて、望んでもなかなか得られないこと」と、奮闘中の大橋さんに、今の思いを聞きました。

東京生活は楽しかったしスキルアップもできた
でも、ある日、新潟の方が好きなんだって気づいた

大学は京都でしたが、就職で東京に移りました。企業の本社って東京に集中しがちじゃないですか。それで、特に強い意志があったわけでなく、とりあえず東京で仕事が決まったので東京に。
最初は銀行で資産形成とかファイナンスとかに携わったのですが、予想以上に固い雰囲気が好きになれず、縁あって大手ファストファッション企業に転職しました。1年足らずで店長になり、裁量範囲が大きかったので、面白かったですね。自由なチャレンジも推奨されていましたから、思う存分、いろんなことを試せたんです。

そうこうしているうち、祖母の介護の話が持ち上がりました。実家は柏崎で自営業をやっています。僕には兄がいますが、兄は東京で仕事も家族も得て一戸を構えているので、何かあったら動けるのは自分の方だというわけで、いったん柏崎に戻ったんです。
その後、実家の方も落ち着き、東京でファイナンシャルプランナーの仕事をしないかと誘われて、また上京。銀行に勤めていた頃の仕事に通じる部分が大きかったですね。

東京での暮らしは、そこそこ楽しかったですよ。おしゃれな店、遊ぶ場所、多いじゃないですか。よく働き、よく遊んだと思います。ただ、ある日、ふっと、本当は自分はこういう遊びが好きなわけじゃない、って気づいたんですよね。仲間に誘われて遊びに出かけたりしても、だんだんついていけない自分、どこか無理して付き合っている自分がいた、というか。

一時期、実家に帰ったことも影響してるのかもしれませんが、自分の価値観に嘘をついてまで、周囲に迎合しなくていいかな、と。むしろ、自分はゆったりと地に足をつけて生活したいんだ、と思いました。周りの意見に抗うのが怖くて、自分で自分にフタをしていた部分もあったと思いますが、自分は違うんだ、と言えるようになって、それで新潟に帰ってきました。

看板のすごさを感じながら未来を模索
想像以上に充実してます(笑)!

Uターンして仕事を探していたところ、NSGグループを紹介してくれる人がいて、面接があって、あっという間に「君は和僑商店グループね」ということが決まって、そしたら葉葺社長が「お前、小川屋に配属」って…。あれよあれよという間に決まって、現在に至ります(笑)。

でも、30歳を目前にして、老舗の経営に携わるチャンスをいただけるなんて、ありがたいですよね。まだまだ力量不足なんで、まあ大変ですが(笑)、打たれ強い性格だとは思うので、頑張っていきます。

働き始めた頃は、老舗の看板のすごさも見せつけられました。一方で、いろんなものが古いまま残っている店だなぁ、と思いました。ご年配の方を中心に寄せていただいている信頼、看板の力を大切にしながら、時代に合わせてチャレンジしなければならない。守るものは守りながら、プラスに変えていく仕事です。ゼロから一を産む方が楽なんじゃないか、って思うこともありますが、踏ん張りどころですよね。

人間は慣れ親しんだ物事を好み、新しいことは嫌う傾向があります。とはいえ、やっぱり時代も変わってきているし、人の暮らしも変わってきています。だから、その時どきのお客様に求められる商品を追求していくしかない。今は贈答用としてお使いいただいている場合がほとんどですが、贈られた側の人が「おいしいね」って言って、また新たに購入してくださらなければ、お客さんは増えないわけです。なので、かなりの頻度で商品リニューアルも展開していく予定です。

鮭のうま味噌漬焼き上がりイメージ

 

銀鱈のあま粕漬焼き上がりイメージ。

 

 

スタッフのみんなと協力して
成功体験を分かち合いたい

今まで約半年、自分なりに頑張ってきたつもりですが、力量不足を痛感してばかりです。働き方に対する意識、モチベーション、スキル、いろんなことを伝えたいと思うのですが、コミュニケーション力不足を実感したり…。でも、ここで働いているみんなの努力が報われるように、一緒に成功体験を味わいたいし、124年の歴史ある店を未来につなげていきたい。

新潟の人は親切で真面目だし、ホント、人がいいですよね。町も、人工と自然とのバランスがとれている。新潟には骨を埋めるつもりで帰ってきました。柏崎の両親も、普段行き来できる距離に僕がいることを喜んでくれています。今は、目の前のことで精いっぱいですが、今後、さらに視野も広げていきたいですね。仕事では、年上の人にばかり囲まれてる感じなので、同年代の友達も増やしていきたいし、彼女もできたらいいですね(笑)。

<プロフィール>
新潟小川屋 ゼネラルマネージャー 大橋祐貴(おおはし・ゆうき)
1987年柏崎市生まれ。京都の大学卒業後、金融、ファストファッション、ITベンチャーなど複数の業界で経験を積み、2016年11月和僑商店入社。同社による新潟小川屋の事業承継に伴い、小川屋ゼネラルマネージャーに就任。独身。現在恋人募集中!

<新潟小川屋>
1893年(明治26年)創業。鮭やマス、魚卵をはじめとした加工食品を製造販売。2016年にNSGグループの(株)和僑商店が事業承継。「新潟の味を未来に伝える」を社是とし、昔の智恵を大切にした新商品の開発に努める。先ごろ、新体制となって初の新商品「匠漬(TAKUMI ZUKE)」の販売をスタート。
住所/新潟市中央区古町通5
TEL 025-229-0111
FAX 025-222-6831

<漬け魚ギフト>
商品名:匠漬(TAKUMI ZUKE)
価格:単品1切648円(税込)~、
贈答用詰合せ2,700円(税込)~
魚:トラウトサーモン、紅鮭、銀鱈の3種類
味付け:あま粕漬、うま味噌漬、こく塩漬の3種類
取り扱い:直営各店およびオンラインストア(直営店舗:新潟古町本店、新潟伊勢丹店、
イオン新潟東店、清水フードセンター大学前店)

シェア