アグリパークにビュッフェレストランオープン! とれたて旬野菜をはじめ地域の味が食べ放題‼

2018.05.17 Thu

愛宕商事株式会社が、新潟市南区のアグリパーク内に、4月28日(土)、レストラン「やさい工房あぐりDining」をオープンしました。
アグリパークや地元農家でとれた新鮮な野菜、アグリパーク内で開発したドレッシングなど豊富なメニューを、ビュッフェスタイルで楽しめるレストランです。

 

もっと野菜に親しもう!
食育をも考えたメニューが常時25~35種類

アグリパークは農業特区に指定されている新潟市の施設で、農業に触れ、親しみ、学びの場をも提供する日本初の公立教育ファームです。ちょっと堅苦しく聞こえるかもしれませんが、米粉ピザづくり、バターづくり、野菜の収穫体験、ヤギや羊の餌やり体験、搾乳体験ほか、子どもから大人まで楽しみながら参加できるプログラムがいっぱい。また、就農や農産物加工に関心をお持ちの方向けに、知識や技術を伝え、支援していくプログラムもあります。
作物や家畜を育てる現場から食べ物として私たちの口に入るまでを、体験を通じて学べる場になっているのです。

さて、そんなアグリパークで新鮮なごちそうに囲まれて “おいしい体験”をできるのが「やさい工房あぐりDining」。落ち着いた古民家風のダイニングでは、野菜を中心としたヘルシーなビュッフェを提供しています。アグリパークで作られる季節の野菜や、近隣の農家さんが育てた旬野菜などを使い、平日は25種類、土・日・祝日は35種類ほどの料理が並べられます。デザートのフルーツやスイーツもあり、飲み放題のドリンクもバラエティー豊か。

優雅な香りを楽しめるバラのドレッシングをはじめ、いろんな味の手作りドレッシングで日々のフレッシュ野菜を味わえます。

 

 

 

あぐりDininguの大滝マネージャーにお話を聞いてみると
「農業と食育ということを考えてメニューを工夫しています。料理長をはじめスタッフのみんなで意見を出し合って、野菜中心でも食べ応え満点と感じていただけるよう、味付け、調理法を工夫しています」と、施設全体の趣旨を大切にしながら、お客さんへのサービスを考えていることがわかりました。
平日でも25種類のメニューは日替わりとあって、厨房は毎日フル回転。和洋中、いろんな調理法を駆使して日々の味を生み出しています。

採れたて野菜を使って料理するということは、必然的に季節の食卓になっていくということ。あぐりDiningでは、おいしさだけでなく、季節や自然を感じながら食事を楽しめます。

好きなおかずを好きなだけ! ついつい食べ過ぎてしまいそうですが、野菜中心で体に優しい感じです。

 

 

 

 

「野菜を使った料理のバリエーションが多くて参考になる」「最近、野菜も高いけれど、ここでは新鮮な野菜を思う存分食べられてうれしい」「メニューが豊富で、年齢関係なく家族みんなで楽しめる」など、訪れた人たちの声も上々です。家庭で真似してみたくなる料理もあり、レシピを聞かれることも多いそうですが「一度に大鍋でたくさんの量を作るので、ご家庭では出せない味もあるんですよ。ぜひ、食べにいらしてください」とのこと。自慢の味を、ぜひご賞味あれ。

どっしりした天井の梁が印象的な古民家風の店内。木がふんだんに使われていてホッと落ち着きます。

 

[やさい工房 あぐりDining]
新潟市南区東笠巻新田3044 新潟市アグリパーク内
 TEL&FAX:025-362-5858

【70分間食べ放題・飲み放題】
 《土・日・祝日》
 大人 1,400円/シニア(65才~)1,300円
 小学生 800円/4才~小学生未満 400円/3才以下 無料
 《平日》
 大人 1,000円/シニア(65才~)900円
 小学生 600円/4才~小学生未満 300円/3才以下 無料
※各消費税別

★ご予約は10名様から
11:00~、12:30~、14:00~のいずれかの開始時間から70分間で承ります。

 

シェア