イタリア軒の復刻洋食フェアが2021年2月まで延長決定。 貴重なレシピが月替わりで次々と再現されて話題に

2020.12.24 Thu

NSGグループの株式会社イタリア軒では、「復刻洋食フェア」と題して、2020年10月から期間限定のフェアを開始。昭和初期の貴重なレシピが月替わりで再現され、懐かしのメニューが話題となり、この度2021年2月28日まで延長することが決まった。これまでの人気メニューに加え、1月1日(金)からは冬の復刻メニュー「あったかシチュー」全5種が登場します。

 

日本初の本格的な西洋料理店として代々受け継がれてきた洋食屋の味が愉しめるフェアとして、10月の開始から、これまでに貴重なレシピの数々が再現されてきた。ハンバーグの原型ともいわれる「ジヤマンビフ」、昭和のデパートで提供されていた“貫通麺”ことマカロニ入りのグラタン「チキンシチユ」、当時の作り方を忠実に再現した「ビフコロツケ」など。懐かしさの中にもどこか新しさも感じる。そんな人気の企画となっています。

2021年1月1日(金)から新しく登場する冬の復刻メニューでは、古典的な西洋煮込みや自慢のデミグラスソースなど5種類のあったかシチューが提供予定。そのルーツは明治の文明開化までさかのぼり、創業者のミリオーレ(イタリア人コック)は北イタリア出身で伝統の煮込み料理や加工肉が豊富な地域として知られており、故郷の料理をメニューにも取り入れていたことがうかがえます。
悠久の時を超えて再現される洋食メニューをぜひ一度ご賞味あれ。

URL:http://www.italiaken.com/

<プレスリリースに関するお問い合わせ>

担当部署:経営企画室   
担当者名:野口 篤史
TEL:025-224-5286   
FAX:025-224-5142  

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア