インスタで話題の「ハーバリウム」を作ってみよう!

2017.07.27 Thu
女性を中心に注目度急上昇中のハーバリウム。小林農園作成

 

NSGグループの社会福祉法人 上越あたご福祉会が運営する小規模多機能型居宅介護 えどひがんの里では、8月2日(水)、インスタグラムなどSNSで今話題の「ハーバリウム」教室を、地元農園と共同で開催。今後は、施設関係者だけでなく、広く一般の方の参加も受け付け、地域交流を図っていく予定です。

ハーバリウム教室を通じて心に癒しと活性化
地域交流も推進

今、インスタグラム等のSNSでは、ハーバリウムに関する投稿が増え、関東を中心にハーバリウムの教室も開催されています。ハーバリウムとは、元来、植物標本集や植物標本館を指す言葉ですが、最近では、インテリアとしても注目されるようになっています。ブリザードフラワーをハーバリウムにすることで、通常より長くお花を楽しむこともできます。三和区の小規模多機能型居宅介護施設「えどひがんの里」では、8月2日(水)14時から、このハーバリウムを職員や利用者が一緒に作成。同イベントには上越市駒林の小林農園さんにもご協力いただきます。

また、8月24日(木)には、特別養護老人ホーム三和愛宕の園にて、施設関係者だけでなく、一般の方の参加も受け付け、楽しく交流しながらハーバリウムを作る教室を開催します。ご興味のある方、お問い合わせください。

たゆたう草花が美しいハーバリウム。小林農園作成

 

■第1回開催日
日時: 平成29年8月2日(水) 14時00分~15時00分
(予定より若干早くイベントが終了する可能性があります)
場所: えどひがんの里 TEL 025-532-3782
住所:上越市三和区井ノ口1718番地4

■第2回開催日(参加者受付中)
日時 :8月24日 18時30分~ 定員 20名
場所:特別養護老人ホーム三和愛宕の園 地域交流スペース
住所:上越市三和区井ノ口1718番地4
TEL.025-532-2713

シェア