クリエイターのエネルギーで新潟を盛り上げる。地元若手画家がNSG美術館で個展を開催。

2020.08.4 Tue

初めての美術館での個展

JAMを卒業してからは在学中にお世話になっていた画廊での個展だけでなく、都内の画廊でも個展を行ったり、別の画家とグループ展を開催するなどの活動を行ってきました。

実はNSG美術館でもグループ展での作品展示はしてもらったことがあるんです。そういったつながりもあり、今回美術館から地元出身の若手を応援したいと声をかけていただきました。

美術館で個展をやるのと画廊で個展をやるのでは規模も作品も違うので、悩まずに開催を決めたというと嘘になってしまいます。

画廊での個展で出す絵は、当然売ることを考えた絵になるので、家庭に飾れるようなサイズの絵が中心になるのですが、美術館となるとそうはいきません。自分の実力をしっかり出した大きな絵を描いて「見て」もらうことを考えます。大きな絵って基本的に売れないし、保管するのも大変なんですよ(笑)

それでも、自分の画家としての価値向上を考えたときに美術館での個展開催というのは魅力でした。美術館であれば多くの方に自身の絵を見てもらえますし、プロフィールに美術館って単語が入ってる人なんてそうそういないから(笑)

実際にこの個展をテレビや新聞が取り上げてくださって、それを見た方が足を運んでくださることもあったので、やっぱり影響力あるなと。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら