クリエイターのエネルギーで新潟を盛り上げる。地元若手画家がNSG美術館で個展を開催。

2020.08.4 Tue

地元を盛り上げる存在になっていきたい

今私が描く絵のほとんどが地元の村上市をモチーフにしたものです。題材として、「人」と「自然」を使うことが多いのですが、私の頭の中にある「自然」というのが地元の村上市なんです。

JAMに入学して、新潟市で一人暮らしをするようになりましたが、それをきっかけに村上の魅力を再認識しました。画家として自分の画風、スタイルを探し求めている時期に、その自分のルーツにたどり着いたんです。

私の絵は、受けた印象をより強めに表現しています。写実的ではないのかもしれませんが、ある意味では見たまま描いているんです。「感覚的なリアル」という感じでしょうか。それが、見た人の共感や人の深層心理に眠っているものを呼び起こすきっかけになればいいなと思います。

この個展では村上の方も見に来てくださいました。私の表現方法に共感してもらえたので、そこは単純にうれしかったですね。

今後は、画家としての個人の活動はもちろんですが、新潟や村上をアートで盛り上げる存在として仕掛け人な立場としても何か面白いことを考えたいなとも思っています。

 

物腰柔らかく、それでいて非常に熱く語ってくださった板垣さんの「祈りを描く」板垣匠展は2020年8月16日(日)まで開催しています。

今後も若手のクリエイターの育成や支援をする地元密着型の美術館としてNSG美術館は企画展を開催して参ります。


板垣匠
1994年 新潟県村上市生まれ。

2016年日本アニメ・マンガ専門学校卒業。
2015年~2019年個展(羊画廊)
他、新潟・東京で個展、グループ展を開催している。


NSG美術館

新潟市中央区西船見町5932番地561
TEL:025-378-3773
FAX:025-378-3772
ホームページ:http://www.nsg-artmuseum.jp/

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら