サッカーを通じて防災意識を高めよう! JAPANサッカーカレッジの学生が近隣小学校で防災の授業を初開催

2021.06.25 Fri

NSGグループの全国唯一サッカー総合専門学校「JAPANサッカーカレッジ」では、Jリーグの理念・活動方針でもある「地域貢献活動」に基づき、7月2日(金)に小学生を対象に「楽しい防災訓練を」と題し、聖籠町立亀代小学校にて授業を実施することが決定しましたので、お知らせいたします。

本イベントは、JAPANサッカーカレッジが「サッカーを通じて、地域の方ともっと近づきたい」という想いから始まりました。「サッカーに親しみを感じてもらうこと」、災害が発生した時に「命を守る動きができるようになること」、「周りの人と協力・助け合いができるようになること」を目標とし、防災の授業を実施します。

 

生活を通じて感じた社会課題解決へ向けたイベント実施へ向け、学生自ら企画書作成から行政機関(聖籠町社会教育課、聖籠町立亀代小学校)への提案からはじめ、実施まで至りました。

 

■イベント詳細

【日時】2021年7月2日(金) 13時15分~14時
【会場】聖籠町立亀代小学校体育館
【対象】聖籠町立亀代小学校児童(2年生58名)
【主催】JAPANサッカーカレッジ サッカービジネス科学生

 

 

【学科紹介】JAPANサッカーカレッジ サッカービジネス科

「サッカービジネス科はスポーツを通じて地域に根付いたサッカークラブを運営するための学習、実習を行っています。北信越フットボールリーグにおいては学生自らがクラブの広報活動からイベント企画、試合運営に関わるほぼすべを担っています。」

【本件に関するお問い合わせ】

JAPANサッカーカレッジ 担当 持永(学生)、山田
新潟県北蒲原郡聖籠町網代浜925-1
TEL: 0254-32-5357
FAX: 0254-32-5358
E-mail: yamada.hideaki@nsg.gr.jp
URL: http://cupsnet.com/

シェア