スタジアムをオレンジの熱気で包みたい! 10/27(日)NSGグループサンクスデーを開催

2019.10.30 Wed

10月27日(日)デンカビッグスワンスタジアムで開催された2019明治安田生命J2リーグ第38節アルビレックス新潟VS京都サンガF.C.はNSGグループのサンクスデーでした。

この日は「アルビ★ハロウィン祭り」が企画され、当グループもクラブ、サポーターの皆さんと一緒にイベントを盛り上げ、チームの勝利を後押ししたいと学生・若手職員が参加しました。


国際ビューティモード専門学校の学生たちは、Eゲート前広場にてワンポインメイクのブースを用意。




このイベント限定のアルビレックス新潟×ハロウィン特製シールを顔や腕などにペイントしました。

また、試合前のスタジアム周辺ではオリジナルオレンジシートのお面や、ハロウィンにちなんだプレゼントをお渡ししました。

今回のオレンジシートはハロウィンの象徴でもあるジャック・オー・ランタンに。アルビレックス新潟のシンボルカラー「オレンジ」ということもあり、スタジアムをオレンジに染めて盛り上げたい! という想いで、身につけられるお面デザインとして皆さんにお渡ししました。

そして試合開始前には、NSGグループの学生、社員・職員がピッチに登場。

多くの方々に見守られる中、晴れ間の見えたスタジアムでサンクスデーに込めた想いを届けました。

試合は3-1でアルビレックス新潟が勝利。
秋空に映える祝福のプラネタスワンの景色を皆さんと一緒に見ることができました。

「あわせよう、みんなの力を。見せよう、新潟の魂を。」
NSGグループは今後もサポーターや関係者の皆様と共にチームを支え、熱い声援を送ってまいります。

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア