スペシャルゲストを迎えて10/21(日) 「小学生&障がい者 合同陸上教室」 開催‼目指せ!五輪&パラ五輪

2018.10.9 Tue

新潟医療福祉大学では、10月21日(日)、新潟市北区島見町にある同大学の陸上競技場で「小学生&障がい者 合同陸上教室」を開催することとなりました。
このイベントは、同大学が平成29年度に文部科学省 私立大学研究ブランディング事業に採択された「SHAINプロジェクト」の活動の一貫として開催されるもので、小学生や障がいを持つ方を対象に陸上競技の楽しさを体感いただくこととともに、パラスポーツの普及を目的としています。

当日は、スペシャルゲストとして過去3大会連続でパラ五輪への出場経験を持つ中西 麻耶 選手(うちのう整形外科)、新潟医療福祉大学卒業生でユニバーシアード日本代表・4×100mR銅メダルの前山 美優 選手(新潟アルビレックスRC)を招聘し、陸上指導やデモンストレーション走行を披露いただくほか、本学で運動指導や義手・義足の製作を学ぶ学生も学生サポーターとして参加します。

東京2020五輪・パラ五輪それぞれの大会に出場が期待されるトップアスリートが揃い、参加者と交流するイベントは全国的にも珍しいものです。「県民の皆さまにも気軽にお越しいただき、より多くの方に関心をもっていただきたい」と、主催者。当日は随時見学自由になっているので、気軽に来場できます。

小学生&障がい者 合同陸上教室 実施概要 
■日時:10月21日(日)9:30~11:30
■場所:新潟医療福祉大学 陸上競技場(新潟市北区島見町1398番地)※雨天時は屋内走路で実施
■見学:開催時間中、随時見学自由  ※陸上教室への参加はできません。

【中西 麻耶 選手 プロフィール】
うちのう整形外科所属。2006年に勤務先での事故で右膝から下を切断。その後3大会連続してパラリンピックに出場。2017年には世界パラ陸上の幅跳びで銅メダルを獲得。現在は大分県を拠点に2020年東京パラ五輪でのメダル獲得を目指す。

【前山 美優 選手 プロフィール】
新潟アルビレックスRC所属。今シーズンの日本陸上競技選手権で2種目入賞。100m6位、200m4位。
100m・200mともに日本ランキング第5位。(2018年9月4日現在)2020年東京五輪でのメダル獲得を目指す。

【SHAINプロジェクト】とは…
文部科学省 平成29年度 私立大学研究ブランディング事業に選定された、本学事業である「リハビリテーション科学とスポーツ科学の融合による先端的研究拠点-Sports & Health for All in Niigata-」の通称。
スポーツ科学とリハビリテーション科学の融合により、“Sports & Health for All in Niigata(SHAIN)=地域住民からアスリートまで全ての人が安全にスポーツを楽しみ、幸せな生涯を過ごす新潟県”の創出を目指します

新潟医療福祉大学
〒950-3198 新潟市北区島見町1398番地
TEL:025-257-4459 FAX:025-257-4456
連絡先/広報課 中原 英伸
時代が求める「優れたQOLサポーター」を育成。保健・医療・福祉・スポーツの総合大学で「チーム医療」を学ぶ6学部13学科の総合大学です。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア