バスケットボール業界への近道 「アップルスポーツカレッジ バスケットボール総合学科」 全国唯一のプロチーム×教育機関

2020.05.20 Wed

プロチームとの強いパイプ

「バスケットボール総合学科」の最大の魅力はB1リーグの「新潟アルビレックスBB」次世代人材育成協定を結んだことにより、全国唯一のプロチームと連携した教育機関であり、「新潟アルビレックスBB」下部組織U-23として活動ができることです。プロプレーヤーを目指す学生は新潟アルビレックスBBだけでなく、他のBリーグチームからも注目され、プロ契約に大きく近づき、これまで14名のプロ選手を輩出しています。(2020年4月現在)またこの人材育成協定は、フロントスタッフなどバスケットボールビジネスで活躍できる人材の育成にも力を入れています。

 

 

 

 

 

最高600時間!圧倒的な現場実習量で養う「即戦力」

スポーツの現場で求められる力は「即戦力」です。どこの学校を出るかではなく、「どれほど現場で学んできたか」が重要になってきます。バスケットボール総合学科は2021年度リニューアルした学科ではありますが、以前からある「スポーツビジネス学科」、3年制の「バスケットボール専攻科」の実績がある伝統校だからこそ、可能となる幅広い実習先と専門学校トップクラスの豊富な実習量で夢のスポーツ業界就職を実現に繋いでいきます。

プロの現場で、多くの経験と知識を最高の環境で学べるこの実習は、プロチームに実績を認められたASCにしかできないスペシャルプログラムです。BリーグのアルビレックスBBや女子リーグであるWリーグ「アルビレックスBBラビッツ」の選手、トレーナー、コーチ、マネジメントスタッフが集まるプロチームの中で、真のスペシャリストを目指す実習を行っていきます。圧倒的な現場実習量は日本トップクラスで、最高で600時間を予定しています。

 

信州ブレイブウォリアーズで活躍している卒業生

 

スポーツに関わる人材育成を通じた地方創生

ASCの様々な現場実習で「即戦力」としての力を養うことはもちろんですが、アルビレックスグループという地域密着型のスポーツクラブで実習を積むことによって、スポーツの『する』『観る』だけでなく、スポーツクラブを『支える』という力を学ぶことができます。Bリーグ規約では、「社会貢献活動を含めて地域社会と一体となったクラブ作りを行い、スポーツの普及および振興に努めなければならない」としており、地域に密着した活動が求められています。NSGグループはそのスポーツに関わる人材を育成することによって、まちの魅力つくり、地方創生にも取り組んで参ります。

 

【本件に関するお問い合わせ】
アップルスポーツカレッジ 担当 植木
新潟県新潟市中央区長潟2丁目2-8
TEL: 0120-466-771
FAX: 0252-286-5191

E-mail:asc@nsg.gr.jp
URL:
https://www.applesports.jp/

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア