ボクシングの素晴らしさを伝えたい ~開志学園高校ボクシング部 仁多見史隆 監督~

2018.02.21 Wed

開志学園高校ボクシング部は、現在部員6名で活動しています。
高校入学してからボクシングを始めた部員が大半ですが、練習を重ね、2017年の愛媛国体で優勝するなど高校三冠を達成した近藤陸選手をはじめ、全国レベルで活躍している選手が在籍しています。

 

部員は少数精鋭

練習は普段、開志学園高校の体育館を利用して行っています。練習中は常にタイマーを動かし、1ラウンド2分の時間を意識しながら取り組んでいます。ボクシングは1ラウンド3分というイメージが強いと思いますが、ジュニアに該当する高校生は1ラウンド2分です。この2分の時間感覚を作り、試合をメークしていく必要があるため、練習メニューも2分行って、30秒休むなど、実戦の時間配分を意識して練習しています。

ランニングでも時間感覚を養う

 

 

この開志学園高校ボクシング部を指導しているのは仁多見史隆監督です。

仁多見 史隆 監督

 

信頼関係を築くことが大事

仁多見監督が指導で重視しているのは、基礎・基本の徹底です。

ボクシングは他のスポーツと違って、パンチを受けるとダメージを受けることもあるスポーツです。そのため、一定の技量が身につかないと、試合に出ることはできません。試合に出るための技量として、仁多見監督が大事にしているのが、防御です。

相手のパンチを受けないように、受けても衝撃を減らせるようにしてからでないと部員を試合に出すことはありません。

 

この防御を身につけるには、ランニングや縄跳びなどで足腰を鍛錬することとスタミナをつけることが必要です。いわば、ボクシングの基礎・基本となる練習ですが、非常に地味で苦しいものです。この段階で挫折する人もいます。

だからこそ、普段から選手たちとコミュニケーションをとり、『この人のいうことだったら信じてついていく』という信頼関係を築くことが大事だと仁多見監督は言います。

苦しさの先に成長があると部員が信じて指導者についていくという関係は、ただ厳しいだけではいけません。そのために、仁多見監督は、部員一人一人の性格を把握し、練習が終わると部員の悩み相談に応じたり、冗談を言い合ったりと指導者と部員という関係だけでなく、時には父親や兄のような存在として部員たちと接しています。

部員一人一人の練習を見守る

 

オリンピック日本代表の経験もある仁多見監督

 

開志学園高校のボクシング部監督を務める仁多見監督は、高校時代に高校選抜、高校総体、国体の3冠を達成し、大学時代にはアトランタオリンピックに日本代表として出場するなど数々の栄光を手にしました。

その後、日本オリンピック委員会の強化スタッフに就くなど指導者としての経験を積んできました。

日本代表時代の仁多見監督

 

仁多見監督は、まだ経験のない高校生たちに自分のテクニックや想いを伝えたいと考え、2014年の開志学園高校ボクシング部の創部にあたり監督に就任し、以来指導を行っています。

2017年には3年生の近藤陸選手が、仁多見監督と同じく高校選抜、高校総体、国体を制し、全国の頂点に輝く選手が誕生しました。

近藤選手(左)の試合の様子
愛媛国体の会場前で

 

ボクシングを楽しかったと思えるように

仁多見監督のコメント

「ボクシングでは、トレーニングで心肺能力の限界まで挑戦したり、パンチを繰り出す相手に向かっていかねばなりません。とても辛いし、怖いものです。でも、そうした自分の限界を超えていくことで大きく成長し、自信をもつことができます。

試合に勝つことだけではなく、高校生活の中でボクシングに打ち込んで成長したと思えれば、それも部員にとっては立派なボクシングです。私はボクシングを経験して楽しかったと思える子どもたちを1人でも多く増やしたいと思い、部員たちを指導しています」

開志学園高等学校
〒950-0925 新潟市中央区弁天橋通1丁目4-1
Tel:025-287-3390 Fax:025-287-3363
http://www.kaishi.ed.jp

 

シェア