“今の経験”を今後につなげる!どんな時もプラスに物事を考える。

2020.11.20 Fri

将来はコミュニケーションに特化した学校をつくりたい!

私は子供の頃から人とコミュニケーションをとることが好きでした。将来的にはコミュニケーションに特化した学校をつくることが私の目標です。学習塾で中学生と接している時に、親御さんや兄弟、友達など近しい人以外の人との話し方、接し方がわからない生徒が多いと感じました。もちろん、成長していく上で学んでいく部分でもあると思いますが知識として、知っていれば…と思う場面がありました。また、受講生は答えはわかっているけれど、文章構成力が足りず、物事をうまく伝えられないこともありました。コミュニケーションに特化した勉強を子供のうちにできたら、人に正しく物事を伝えられる人になれると考えました。IT化が進むにつれて、直接コミュニケーションをとることが減ってきているとは思います。しかし、どんなにITが進化しても、人と人とのつながりであるコミュニケーションは絶えないニーズがあると私は思っています。その思いは仕事をする上でも大事にしています。

私は今、授業で模試の解説や就職活動の面接練習などを担当しています。そこでも、学生とのコミュニケーションを大切にしています。特に就職活動の面接は自分の思いを相手に伝える大事な場面なので、その時を想定して、学生が思いを伝えられるようにしっかりサポートしていきます。

 

中野樹(なかの たつき)

新潟大学理学部卒
小・中学校は野球部、高校は演劇部に所属。
2020年4月~新潟公務員法律専門学校 教務
大学時代は㈱NSGアカデミーの運営する学習塾で教える経験を積む。
将来はコミュニケーションに特化した学校をつくりたい。

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら