医療福祉系大学初!スポーツ庁より「平成30年度大学スポーツ振興の推進事業」を受託

2018.07.30 Mon

スポーツ庁は、「大学横断的かつ競技横断的統括組織(日本版NCAA)創設事業(大学スポーツ振興の推進)」を委託する大学15校を発表。そのうち新たに委託された大学は9校で、新潟医療福祉大学も採択校となりました。

新潟医療福祉大学では、2016年度より設置しているスポーツ振興室が大学スポーツ分野の統括業務を担当し、ブランド力向上に向けた施策立案やコンプライアンス遵守、安全対策に取り組んでいます。さらに2018年度から学校法人新潟総合学園スポーツ推進室に大学スポーツアドミニストレーターを配置し、学内外の調整を行っています。

今回の委託事業の公募に際し、地域と大学が連携・協働・共創する場を作り、共にQOL(クオリティー・オブ・らいふ)を向上させることを目的とした「スポーツ教室の質の向上」「スポーツ障害予防フォーラムの実施」「アルビレックスグループと連携した人材の育成」「障害者スポーツのさらなる振興」を提案し、今回その有益性や将来性が認められ、医療福祉系大学では初めて、大学スポーツ振興の推進事業を受託するという形となりました。

また、本学の「スポーツ×医療×福祉×保健」を学べる総合大学という特色を生かし、障害者スポーツの振興、地域へのスポーツ振興、スポーツ人材の育成、アスリートのキャリア形成支援、スポーツリハビリの発展等の既存の取り組みをさらに発展・拡大させ、新潟県内における健康及びスポーツの各分野・各競技のハブ的役割を担うことで、健康・スポーツに関わる学問領域を進化させることを目指しています。

新潟医療福祉大学
新潟市北区島見町1398番地
TEL:025-257-4455(代)
【連絡先】
広報課 中原 英伸
TEL.025-257-4459  FAX.025-257-4456

 

シェア