厚生労働省「地域発!いいもの」に選定 SADOの伝統建築人材育成とキャリア教育の取り組みが“いいもの”に選定されました!!

2022.03.8 Tue 関連タグ: #専門学校#地域活動#教育

NSGグループの伝統文化と環境福祉の専門学校は、新潟県佐渡市にあり、在校生の93%が新潟県外から入学する宮大工を育成する専門学校です。この度、当校の教育内容が厚生労働省における、各都道府県応援事業「地域発!いいもの」に選定され、選定証及び楯の伝達式が令和4年3月8日に行われました。

伝達式 左:新潟県職業能力開発協会 木川専務理事、右:渡辺校長伝達式 左:新潟県職業能力開発協会 木川専務理事、右:渡辺校長

「地域発!いいもの」は、地域で行われている技能振興や技能尊重の気運を更に高め、地域の活性化を図るため、地域で行われている「産業振興」、「技能者育成」等に資する特色ある取組が選定されます。

当校の教育内容である、
① 佐渡市の木であるアテビ(アスナロ)を使って3年生の卒業制作として「一間社流造本殿」の制作に取り組むと同時に、毎年、業界紙に告知し、全国からこの本殿を奉納する神社を募り、落成式を行い奉納している。

活動①の一間社流造本殿落成式活動①の一間社流造本殿落成式

② 佐渡島内の社寺の氏子や檀家からの依頼を受けて、実習と応用をかねて修復に取り組んでいる。

③ 島内外の小中学校生を対象に学校開放を行い、大工道具、製作物の展示、説明を通じて宮大工の周知を行うとともに、ヒノキを材料として、カンナを使い「箸」製作のものづくり体験の指導を行っている。

これらの取組みが評価され、令和3年度厚生労働省応援事業「地域発!いいもの」に認定されました。
(参考:https://waza.mhlw.go.jp/iimono/sentei/3/post_33.html

参考:厚生労働省サイト
報道発表 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_24038.html
取り組み詳細 https://www.mhlw.go.jp/content/11806001/000904518.pdf

法人名:学校法人 国際総合学園 伝統文化と環境福祉の専門学校
所在地:新潟県佐渡市千種丙202番地1
代表者名:学校長 渡辺秀則
URL:http://www/.sado-nsg.com/

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら