国際調理製菓専門学校が料理教室&レストランに!? 「食の魅力と学生の笑顔で地域に元気を届けたい」

2018.09.26 Wed

国際調理製菓専門学校(FOOD)は、シェフ学科・健康給食学科・カフェ学科・調理師学科・栄養士学科・パティシエ学科の計6学科からなり、調理師や栄養士、製菓衛生師などの国家資格を目指す食の総合専門学校です。

同校では学生たちの学びの一環としてはもちろん、地域の方々に学校に親しみを持ってもらい、食の楽しさを共有できたらと、教職員が中心となってレクチャーする「FOODの公開講座」や、学生が手掛ける「FOODの学生レストラン」などを企画しています。

食材や調理の豆知識もゲット!
公開講座で「食」のレパートリーが広がる
公開講座は、同校の専任講師が「食」の魅力を伝えながら料理の楽しさを教えてくれる、一般向けのクッキング教室です。フレンチ、中華、和食、スイーツなどジャンルも豊富なので、まだ作ったことのない料理にチャレンジすることもできます。

この講座は約10年前から開催しており、毎年この時期になると楽しみに参加をしてくれるリピーターの方もいらっしゃるそう。普段の料理がより充実したものになるようにと、食材の豆知識やちょっとした料理のコツを講師が伝授してくれるのが好評です。また、講座では2年生の学生も補助スタッフとして参加し、参加者をしっかりとアシストしてくれます。

「2年生の後期になると、学生たちも一人立ちできる程に成長しています。料理教室で地域の方と接することは、技術の振り返りになったり、言葉遣いや振る舞いの気付きにも繋がるので、学生においても大切な学びの場なのです」と学校長の石田さん。

公開講座は1講座ずつの申込みが可能なので、習ってみたいジャンルに気軽に参加できます。中でも、12月23日(日)に予定されている親子で作るピザ&クリスマスケーキパーティーは、毎年人気のイベント。親子での思い出作りにもピッタリです。

今年で3年目! 学生たちが
企画からサービスまで行うレストラン
上古町商店街にある3号館キャンパスでは、今年で3年目となる「学生レストラン」を毎週金曜日限定で開催しています。(11月30日(金)まで。※営業日は変更になることがあります)これは実践的な職業教育の一環で、2年生の学生が企画、メニュー作成、調理、サービス、会計までを行います。週替わりで各学科の学生たちが考えたメニューが登場するので、さまざまなジャンルの料理が楽しめるのも魅力です。


「企業実習で得たサービスの知識を生かす場として、店舗運営の体験はとても大切。自分たちで運営することで見えてくる課題をどう解決するかという経験が、将来現場に出た時に大変役立つのです」と石田校長。

各学科の個性あふれるランチメニューは、学生たちが試行錯誤し、ボリューム感や彩り、バランスも考えた本格料理。そして緊張感を持ちつつも、元気いっぱいの接客は「明るくて、元気をもらえる」とお客様から反響があります。

公開講座と学生レストランの詳細は、国際調理製菓専門学校ホームページ内の特設ページにて随時更新中です。
同校はこうしたイベントを通じて、地域の方々に食の魅力と学生たちの明るい笑顔を届けられたらと考えています。皆様のお越しをお待ちしております。

国際調理製菓専門学校 本館
新潟市中央区古町通6番町953番1
http://food-673.jp/
TEL/0120-210-673
「FOODの公開講座」特設ページ/http://food-673.jp/kouza/
「FOODの学生レストラン」特設ページ/http://food-673.jp/student-restaurant/

国際調理製菓専門学校 3号館
新潟市中央区古町通 3-560

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア