夢は故郷・魚沼での起業! 「熱意あふれる先輩、仲間に日々刺激を受けています」

2019.02.1 Fri

将来は故郷である魚沼で、地元の魅力を発信すべく起業したいと話す新卒2年目の大羽賀裕輔さん。経営スキルを身につけたいという思いとともに進めた就職活動の中で出会ったのがNSGグループの「経営者養成コース」でした。

現在はICT技術を活用したスマート農業を行う株式会社ベジ・アビオに在籍、終業後は事業創造大学院大学に通い、MBAの取得に向け経営を学んでいます。まっすぐに夢を追いかける大羽賀さんに就活時代から現在までのこと、そして、将来について聞きました。

世界が広がった大学時代
いつしか起業を夢に抱くように
東京で過ごした大学時代は「せっかくだから、沢山の人と交流して視野を広げたい」と大学以外での勉強会や講演会にも参加していました。このことがきっかけで幅広い世代、業種の方々とお話しすることができたのですが、中でも経営者の方々が皆さんいきいきと輝いていることに感動して。自分はリーダーシップをとったり、人前に立つのはあまり得意ではないと思っていたのですが、気付けば経営者に憧れるようになっていました。

同時に、こうしたイベントでは初対面の方と話す機会が多く、自然と出身地の話題になるのですが、私の地元・魚沼を知ってくださっている方が多くいらっしゃって。喜びや誇らしさを感じつつも、まだ届いていない魅力をもっと伝えられたらいいなと思い「いつかは地元で起業し、魚沼ブランドを発信する仕事ができたら」という夢を抱くようになりました。

そんな中始めた就職活動で、経営スキルを身につけたいと企業研究をしていると、NSGグループの「経営者養成コース」にたどり着きました。起業を視野に入れながら働くことができ、新潟の地域活性化に対する強い思いがある。自分にとってこんなにピッタリな企業があるのかと思い、すぐにエントリーを決め思いが通じて入社することができました。

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア