天穂のサクナヒメ×学生稲作プロジェクト ゲーム内の手法に沿った 昔ながらの手刈りによる稲刈りと稲架(はさ)掛け

2021.10.1 Fri

NSGグループの「新潟農業・バイオ専門学校(ABio)」は、古来の手法を取り入れた本格的な稲作が話題の和風アクションRPG「天穂(てんすい)のサクナヒメ」(企画・開発:えーでるわいす、販売:マーベラス)とのコラボレーションにより「天穂のサクナヒメ × 学生稲作プロジェクト」を5月の田植えよりスタートさせ、サクナヒメに奉納するためのお米(コシヒカリ)を今日まで育ててまいりました。

来たる9月27日〜28日にプロジェクトで育てたお米をゲームの世界と同じく、昔ながらの手刈りによる稲刈りと、昔ながらの天日乾燥方法の稲架(はさ)掛けを実施いたしました。

昔ながらの手刈りを行うことで、機械の便利さ、活用方法を考える時間や、間近で稲を観察する良い機会となります。また、普段経験しないことに挑戦することで、日頃の授業で培った適応力と現場力を発揮することができます。

2日間で約8時間にわたり作業をした学生たちからは「手植えと手刈りを経験して、機械のすごさを改めて知った」「初めての体験で楽しい」という声が聞かれました。今後は10月上旬に脱穀し、サクナヒメへ奉納を行います。奉納米は企業連携先である株式会社新潟農商様を通じ、販売する予定です。

新潟農業・バイオ専門学校では2011年開校以来、水稲栽培(稲作)実習において、田植え機やコンバインなど機械を用いた方法と、昔ながらの手植え手刈りの両方を学びます。昔ながらの手法から稲や作業を学び、それを効率化した機械を知ることで、水稲栽培の学びが深まることを目的としています。

『天穂のサクナヒメ』公式サイト:https://www.marv.jp/special/game/sakuna/

 

新潟農業・バイオ専門学校 〒950-0932 新潟県新潟市中央区長潟2丁目1-4

URL:https://abio.jp Twitter:https://twitter.com/abio_chan

Facebook:https://www.facebook.com/abio.jp

<プレスリリースに関するお問い合わせ>
担当部署:教務部  
担当者:副校長・教務部長 秋山正之
TEL:025-368-7123  
e-mail:abio@nsg.gr.jp

 

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア