女性グローバルリーダー育成へ!JAPANサッカーカレッジが 米国女子リーグ「サンディエゴ・パルセイロ・レディース」と教育交流提携を締結! 女子選手サッカー留学プログラム&ビジネススタッフ育成インターンシッププログラムを新規設立

2019.06.17 Mon

全国唯一のサッカー総合専門学校「JAPANサッカーカレッジ」及び「JAPANサッカーカレッジ高等部」は米国、カリフォルニア州を拠点に教育業、スポーツ事業を展開する「サンディエゴスポーツオーソリティー(SDSA)(代表者:山内周司)」が運営する女子サッカークラブ「サンディエゴ・パルセイロ・レディース」と教育交流提携を締結いたしました。


今回の締結により同校では、米国アマチュア最高峰の女子サッカーリーグ「ウーマンズプレミアサッカーリーグ(米国女子2部)」に所属する「サンディエゴ・パルセイロ・レディース」への女子選手サッカー留学プログラム及びビジネススタッフ育成を目的とした海外インターンシッププログラムを新規設立いたします。

2019シーズンは同インターンシッププログラムを通じて、同校サッカービジネス科及びマネージャー・トレーナー科より3名が渡米、カリフォルニア州サンディエゴ市にて米国のサッカービジネス、クラブマネジメントを実践形式で学んでおります。


■締結クラブ概要
締結クラブ:サンディエゴ・パルセイロ・レディース
所属リーグ:ウーマンズプレミアサッカーリーグ(米国女子2部)
所在地:7920 Arjons Drive, Unit E, San Diego CA 92126
代表者:山内周司
URL:https://www.sandiegoparceiroladies.com/

■主な締結内容
・JAPANサッカーカレッジ及びJAPANサッカーカレッジ高等部よりサンディエゴ・パルセイロ・レディースへの女子サッカー選手派遣
・JAPANサッカーカレッジよりサンディエゴ・パルセイロ・レディース海外インターンシッププログラムへの学生派遣
・JAPANサッカーカレッジ、JAPANサッカーカレッジ高等部、サンディエゴ・パルセイロ・レディース、米国大学による合同セレクションの開催
・米国よりJAPANサッカーカレッジへの進学、留学を希望する学生へのサポート

 

■サンディエゴ・パルセイロ・レディース 山内周司 代表取締役社長 コメント
「サンディエゴ・パルセイロ・レディースは今季で2年目を迎えました。米国女子サッカーの聖域ともいえるサンディエゴの土地で名門、強豪クラブ勢と米国唯一の日系資本クラブとして競い合える環境を整えてきました。これからはJAPANサッカーカレッジと協力して日本人選手の米国への挑戦を促進し、サッカーのみならず、今後のグローバル社会において日本を牽引していく女性リーダー育成に尽力していく所存です」。

■JAPANサッカーカレッジ 中村勉 学校長 コメント
「JAPANサッカーカレッジは、2002年に日韓ワールドカップ開催の年に開校し、2019年現在Jリーグ55クラブ中49クラブに165名の卒業生が活躍しています。今後のサッカー界において、語学力は必要不可欠です。この度は、女子サッカー大国であるアメリカの女子サッカーチームと提携したことで、サッカーやチームマネジメントの能力の向上だけではなく、よりグローバルな人材を育成ができるプログラムになるよう期待しています」。

■JAPANサッカーカレッジ サッカービジネス科学生 中原圭佑 コメント
「日本と海外でのクラブや選手のプロモーションに対するアプローチの違いや、試合運営に対しての観客の価値観の違いを実践と通じて学んでいます。
多国籍な選手で構成されるクラブならではのコミュニケーション方法を習得し、Jリーグクラブだけではなく海外のサッカークラブで活躍できる人材を目指したいです」。

■「ハワイ州立大学」と共同で「米国大学女子サッカーセレクションキャンプ in ハワイ」を開催
「JAPANサッカーカレッジ高等部」と「サンディエゴスポーツオーソリティー(SDSA)」では、今回の締結によりハワイにおいて初めての開催となる「米国大学女子サッカーセレクションキャンプ in ハワイ」を開催します。
同キャンプは米国大学へのサッカー進学を目指す日本の中高生と、日本人高校生の指導を熱望する米国大学女子サッカー部コーチ陣の双方のリクエストにより実現したサッカーキャンプです。ハワイ州立大学に米国大学女子サッカー部コーチ陣を招聘し、米国大学への進学を目指す中高生へのサッカートレーニングを通して、世界最先端にある米国女子サッカーのトレーニングセッションを選手に提供すると共に、大学側は米国で活躍が期待できる選手の発掘に務めます。
新潟、長野で過去3回開催された「米国大学女子サッカーセレクションキャンプ」では15名の女子選手が米国大学より学費全額免除の奨学金オファーを獲得しております。

【日程】
2019年7月19日(金)、20日(土)、21日(日)
(2日間のみの参加も可能)
【スケジュール】
2019年7月19日(金):16時〜19時
2019年7月20日(土): 8時〜10時30分、15時〜17時30分
2019年7月21日(日): 8時〜11時
【対象】米国大学サッカー進学を真剣に目指す14歳以上の女子選手
【会場】ハワイ州立大学サッカーフィールド(Camps 1337 Lower Campus Road, Honolulu, Hawaii 96822)
【参加費】250ドル(申し込み代行込み)
参加者全員にハワイ州立大学のプラクティスシャツを配布
【締切】2019年7月12日(金)
【連絡先】電話:619-501-7953 Eメール:info@yeseslinternational.com
【申込み】下記「お申込みフォーム」を記入し送信して下さい
https://bit.ly/2JVko5s


 

■サンディエゴ・パルセイロ・レディース 概要
2017年に日系資本として米国内で初めて設立。
設立時にAC長野パルセイロ(Jリーグ)、AC長野パルセイロ・レディース(なでしこリーグ)と提携。
米国で大学の夏休みシーズンとなる5月から8月にかけて開催される米国2部ウーマンズプレミアサッカーリーグに所属する。選手は主として米国強豪大学に所属する選手達から構成されており、米国大学の長い夏休み中に彼女たちの実践練習の場として提供されています。
外国人選手枠に規制がなく、サンディエゴ・パルセイロ・レディースはウーマンズプレミアサッカーリーグから日米を繋ぐ架け橋として期待されています。

■JAPANサッカーカレッジ 概要
2002年に新潟県北蒲原郡聖籠町に創設された全国唯一のサッカー総合専門学校。
地元プロサッカークラブ、アルビレックス新潟との連携から始まり、今年で開校18年目。
全国唯一のサッカー総合専門学校として、多くの卒業生をサッカー業界やスポーツ業界に輩出しています。
学生のほとんどが新潟県外出身。新潟でしか学べない環境と仕組みをつくることで、「サッカー不毛の地」と言われた新潟でも、Jリーグクラブだけではなく、日本サッカー協会やなでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)の事務局、サッカー関連の雑誌社などでも卒業生が活躍しています。
サッカー業界を目指す職種の職業訓練校として、即戦力となる人材を日本のサッカー界はもとより海外クラブにも視野を広げて、輩出し続けています。
http://cupsnet.com/

【本件に関するお問い合わせ】
JAPANサッカーカレッジ 担当 中村、岡田
新潟県北蒲原郡聖籠町網代浜925-1
TEL:0254-32-5357  FAX:0254-32-5358
E-mail:cups@nsg.gr.jp
URL:http://cupsnet.com/ http://cups-y.com/

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア