専門学校生が快挙!東京ゲームショウ2018「SOWN:センス・オブ・ワンダー」ベスト8に選出!

2018.10.9 Tue

NSGグループの新潟コンピュータ専門学校ゲームクリエーター科3年宇野 銀河の作品「BLOCK KING」が、東京ゲームショウ2018内国際企画SOWN(センス・オブ・ワンダー・ナイト)でベスト8に選出されました。

約30万人と過去最高入場者数となった東京ゲームショウ2018の国際企画として、第11回を迎えた”見た瞬間、コンセプトを聞いた瞬間に、誰もがはっと、自分の世界が何か変わるような感覚”=「センス・オブ・ワンダー」を引き起こすようなゲームのアイデアを発掘するSOWN(センス・オブ・ワンダー・ナイト)2018の選考会が行われました。
プロや社会人も参加する同企画で、応募総数389作品の中から最終選考8作品に新潟コンピュータ専門学校ゲームクリエーター科3年宇野 銀河(新潟市出身)の作品「BLOCK KING」が、専門学校生で唯一選ばれました。

東京ゲームショウビジネスデイの9月21日に、最終選考に残ったゲームプレゼンを実施。
作品「BLOCK KING」は、ブロックを使って移動・攻撃をしながら進んでいくゲームに対し、審査員からは「とても興味深いゲームでした。ブロックを移動にも武器にも使うというアイデアは凄くユニークだと思います。」と高評価を得ました。プレゼンの様子は、ネット配信で全世界に配信されました。
登壇した宇野 銀河は「プレゼンは緊張したけど、気持ちよくでき今後の自信にも繋がりました。生中継をみて家族が感想を伝えてくれて、後日ゲームを遊びに来てくれる人もいてとても嬉しかったです。」とコメント。今後、作品は改良を加えてゲーム配信サービスSteamで配信予定。

 

学校法人新潟総合学院 新潟コンピュータ専門学校
所在地: 新潟市中央区米山3-1-53                      
学校長: 小島 友昭
URL: http://www.ncc-net.ac.jp/

<本件に関する問い合わせ>
担当部署: 教務部   担当者名: 笠原 祐佳理
TEL: 025-241-1123   FAX:025-243-8594
e-mail: kasahara.yukari@nsg.gr.jp

この記事に関するNSGグループの取り組みはこちら

シェア