伝統文化と環境福祉の専門学校より、技能五輪全国大会 建築大工職種に9年連続 代表選手輩出!

2020.09.24 Thu

NSGグループの伝統文化と環境福祉の専門学校は、新潟県佐渡市にあり、在校生の96%が新潟県外から入学する宮大工を育成する学校として、9年連続で技能五輪全国大会の建築大工職種に選手を輩出いたしました。

第58回技能五輪全国大会は、2020年11月13日~16日の日程で、愛知県常滑市を主会場に、青年技能者(原則23歳以下)が、全42種目にわたり技能競技を行います。競技は二日間に渡り建築大工職種の課題となる「柱建て小屋組」を製作します。

今回、技能五輪全国大会の新潟県代表選手に、本校の伝統建築学科3年の横山 清(ヨコヤマ キヨシ・北海道出身)が選ばれ、9年連続代表選手を輩出しました。

当校が9年連続で代表選手を輩出している大きな理由は、「豊富な練習時間」と「連続出場を受け継ぐ心」が挙げられます。練習時間は、後期授業の約半分が実技の授業となっており、放課後は教室を貸し出し自主練習が出来る環境があります。指導は、全国大会に出場経験のある講師が担当します。そして、学生達が「五輪に出たい」「先輩たちの連続出場記録を繋げたい」といった、伝統を受け継ぐ志が「9年連続」を実現していると考えています。

その根底には、モノ造りが好きで、自分の技術力を高め、どこまでできるか挑戦したいという気持ちがあります。学生が、伝統を受け継ぎひたむきに夢に向かって日々精進している姿を、撮影していただけます。


法人名:学校法人 国際総合学園 伝統文化と環境福祉の専門学校

所在地:〒952-1209 新潟県佐渡市千種丙202番地1                       
代表者名:学校長 渡辺秀則     
 URL: http://www/.sado-nsg.com/

<プレスリリースに関するお問い合わせ>

担当部署:教務部   
担当者名:武田晃太朗
TEL:0259-61-1122   
FAX:0259-61-1133 
e-mail: takeda.kotaro@nsg.gr.jp

シェア